1.カナガンは幼犬の時期に食べ与えても大丈夫なのか?

カナガンは幼犬の時期に食べ与えても安心できるドッグフードかどうかを検証していきます。幼犬の時期はとても愛くるしいくて可愛いから毎日じゃれて遊んであげたい幸せなひとときを過ごすことができます。ですが、幼犬の時期は成長段階でもっとも重要な期間なのでドッグフードから摂れる栄養価はシビアに見てあげないといけません。

特に重要なのが成長に直結する成分「タンパク質」です。タンパク質は骨、筋肉、臓器、血管、血液など体の全ての生成に関わる大切な成分なのでとにかく質と量が求められます。では、次よりカナガンのタンパク質の摂取量について説明します。

1-1.カナガンのタンパク質の摂取量について

カナガンは専門家の分析のもとでタンパク質の含有量は犬が必要とする量を摂取することができます。その主原料となるのがチキンで良質な動物性タンパク質が摂取できるほかに吸収を助けるビタミンも含まれています。

さらに、チキンは免疫力を高めてくれるセリンも豊富なので大切な成長期に病気にかかって栄養不足になるという心配を極力抑えることができます。また、カナガンは新鮮な野菜やハーブもバランス良く配合されているのでタンパク質の働き無駄なく作用させることができるので幼犬の時期に食べるドッグフードとしては最適です。

1-2.成長を阻害させる原材料について

カナガンだけだとどうしても食べてくれない時に違うドッグフードをローテーションさせて与えることになると思います。もしそうなった場合にはこちらを参考にしてください。

幼犬の時期は成長段階でもっとも大切な期間ですからその時期に成長を阻害させるような原材料を使ったドッグフードを選ぶのは将来的に病気のリスクが高くなります。その成長を阻害させる原材料は以下の4つです。

1,穀物
2,人工添加物
3,動物性油脂
4,ミール類、家禽類などの肉由来が不明なもの

以上の4つ全てが該当しないドッグフードを選んであげると健康的に成犬まで育ってくれます。なお、ドッグフードは固形タイプのドライフードや半生タイプのウェットフードなどの種類がありますが普段与えるのは安全性の高いドライフードを選ぶようにしてください。ウェットフードの多くは上述した4つの原材料が高い確率で含まれています。

研究によると成犬になってからの病気の発生する確率が3倍程違うというデータが出ています。なので幼犬の時期のみならず固形のドライフードを基本としてドッグフードを選ぶようにしましょう。

1-3.幼犬用のドッグフードについて

幼犬用などの専用ドッグフードは実際に手に取っ手みるととても魅力に感じて思わず買ってあげたくなります。ですが、上述したように成長を阻害させる4つの原材料が含まれていることが大半なので注意が必要です。

1-4.最後に

ここまでカナガンは幼犬にも安心のドッグフードかどうかをお伝えしました。幼犬の時期はとても短い上に大切な成長期でもあります。その時期におやつなどはあまり与えないことも重要です。基本的におやつは栄養価は2の次で食いつき重視の作りになっています。食いつきが悪いおやつってコンセプトとしてそもそも終わってますよね?

なので、食いつき重視の添加物多めのおやつはあまり幼犬の時期に与えないようにしましょうね。もしおやつを与えるのなら十分に運動をさせて代謝を高めて添加物などの不純物を体外に排出することを心掛けてあげてください。

【もっと詳しく!おすすめの関連記事】
→ カナガンはパピーの時期に与えたら健康になれる!その理由とは?