犬に穀物は要らない?国産ドッグフードの穀物が犬に与える影響とは

愛犬家のみなさんは、愛犬が普段食べているドッグフードについて見直してみたことがありますか? もちろん、国産のドッグフードは種類が非常に多彩なので、色々なドッグフードを試したことがある飼い主さんが多いと思いますが、では、ドッグフードの成分について見直してみたことがあるでしょうか。

というのも、国産のドッグフードには、「穀物」が多く含まれているからです。穀物が含まれていることと、成分について考えることの何に関係があるのかというと、穀物が、実は犬に与えてはいけないかもしれないものだからなのです。

では、どうして穀物を与えてはいけないのでしょうか。その理由について、説明していきます。

犬と穀物との問題点

国産のドッグフードに穀物が多く含まれていることは書きましたが、含まれている穀物の内容は、主に、とうもろこしや、麦です。これらは、一度に大量生産できますし、コストも抑えられるので、犬の炭水化物摂取のために配合されています。

犬には炭水化物もそんなに要らないという声もありますが、逆になければならない、という人もいるので賛否両論わかれるところです。

それはともかく、問題は、穀物を毎日大量に体に取り入れることによる、犬への影響です。

人間と犬では、体の構造や、必要な栄養バランスがかなり違ってきます。人間は、様々な栄養をバランスよく摂ることが大切ですし、それらをうまく消化・吸収されるような体の作りになっていますが、犬は違います。

まず、犬は雑食であると言われますが、それは何でも食べることができるというだけの話で、犬にとって必要のないものもあります。犬にとって大切な栄養とは、たんぱく質が主です。人間とは筋肉量が全く違うからです。

そして、犬もバランスのよい栄養は必要ですが、中には全く必要がないものがあり、それが穀物である、と言われています。人間と違い、犬には人間のように余計な栄養素をうまく排出できる機能がそんなにうまく整っていないからです。

ところが、人間のように穀物も大量に毎日食べるとどうなるか、というと、そもそも犬にとって最も必要なたんぱく質の吸収率が悪くなってしまいます。いっぺんに体に吸収できる栄養の量が人間よりも少ないからです。

また、犬は炭水化物や穀物の消化自体が、あまりうまくない生き物なので、穀物が多すぎると消化がとても悪くなり、消化が悪くなることで、本来必要なたんぱく質などの吸収率を妨げてしまうのです。

このように、実は犬には穀物はあまり必要のないものであるようですが、国産のドッグフードには、穀物がとても多く使われています。消化が悪いということは、腹持ちするということでもあるので、そういった意味ではいいのかもしれませんが、長い目で見たときの穀物摂取量を考えると、あまりよくないと言えます。

心配な飼い主さんは、一度、カナガンなど、グレインフリー(穀物不使用)にこだわったドッグフードに切り替えてみてもいいかもしれません。カナガンは穀物が犬の体によくないことに着目して作られたドッグフードなので、穀物についてどうしても心配な場合には、非常におすすめのドッグフードです。

【参考】カナガンのドッグフードを試してみるならこちらをチェック!