1.犬の目の周りが赤い時とはどんな時でしょうか。

1-1.犬の目の周りが赤い原因

犬の目の周りが赤い原因とは一体なんでしょうか?いくつかの原因が考えられます。それらの原因は以下にあげるものです。

【①眼瞼炎】

皮膚に炎症がおきてしまい、赤く腫れてしまったり、瞼の毛が抜け落ちてしまう病気です。進行していくと治りが悪くなり、慢性化したり、化膿してしまったりします。慢性化する前にすぐに獣医師に見せて治療を開始しましょう。

【②アレルギー】

アレルギーがあるワンちゃんは皮膚が弱いのでお口の周りや目の周りが赤くなることがあります。化学薬品や、食事内容、ハウスダストや花粉など発症する原因は様々です。アレルギーがあるワンちゃんは一度アレルギー検査などをしてアレルゲンを特定することで、そのアレルゲンを除去してあげることが症状を緩和するのに早いのでおすすめします。

【③ウィルスや細菌感染】

ウィルスや細菌感染による皮膚病が原因で瞼の周りに炎症が起きることがあります。このようにウィルス感染による炎症は、瞼だけではなく他の部位にも感染し、症状が出ていることがあります。あまりにもひどくなってくると化膿してしまいますので早めに獣医師に見せましょう。

【④腫瘍】

目の周り、瞼の周りに腫瘍が出来てしまうと犬はそれが気になってしまい、目を色々な所にこすりつけたりして症状を悪化させ眼瞼炎にしてしまうことがあります。目の周りに腫瘍が出来ている場合はすぐに獣医師に見せることをおすすめします。

【⑤結膜炎や角膜炎】

結膜炎や角膜炎になっていてそれが気になり、色々な所に目をこすりつけ自分で眼瞼炎にしてしまうパターンがあります。まずは目が赤い場合はすぐに獣医師に見せることをおすすめします。

【涙やけ】

目の周りの刺激により涙が常に出てしまっていて目の周りが赤くなってしまっている状態です。こまめに軽く乾いたハンカチや脱脂綿などで拭いてあげましょう。

1-2.犬の目の周りが赤くなった時のケア方法

犬の目の周りが赤くなる原因は様々あることはお分かりになったと思います。では、そんな時にこまめにケアする方法はどんなものがあるかお伝えしたいと思います。原因別に色々と治療法があるので基本的には獣医師の診断通りにお願いしたいところです。それ以外の方法では、赤い部分は細菌感染の可能性が大ですので、とにかく患部を清潔に保つ必要があるので、きれいな水を脱脂綿などに少量含ませて軽く拭いてあげたり、シャンプーなどの成分で反応して赤くなってしまっている場合は、シャンプーを変えることをしてみましょう。目の周りが赤くなる原因に化学繊維などが原因だという事もありますので、犬の周りにある化学繊維などの目を赤くする原因を取り除いてあげることも大切です。点眼薬や眼軟膏を処方されている場合は、日頃のケアに点眼薬や眼軟膏などの外用薬でこまめに用法を守りケアしてあげてください。

1-3.まとめ

今回は犬の目の周りが赤くなった時にこまめにケアをする方法についてお伝えしましたがいかがだったでしょうか?目の周りが赤い時はほとんどが細菌感染していることが多いので、まずは患部を清潔に保つためにきれいな水で患部を洗ってあげたり、脱脂綿などで綺麗な水を使い患部を清潔に保ってあげることが大切です。そしてひどくなる前に、なるべく早い段階で獣医師さんに患部を見せ、診察を受けることをおすすめします。愛犬の様子をいつでも観察し、少しでもおかしいなと思った時はすぐに動物病院へ行って獣医師の診断を仰ぐことがよいと思います。早期発見早期治療は、様々な病気を悪化させないためにも大切です。

【目の周りのトラブル関連記事】
→ 涙やけ対策ならわんちゃんの食の見直しを!カナガンが有効な理由とは?