1.カナガンに豊富に含まれるタンパク質の必要性とは?

カナガンの特徴としてはタンパク質が豊富に含まれていることが第一に上げられます。タンパク質は脂質、炭水化物に並ぶ3大栄養素の一つですのでその重要度は誰もがご理解されていると思います。

しかもカナガンはお肉から摂れる動物性タンパク質なので犬との相性は抜群に良いです。そこで疑問なのがタンパク質の役割です。

3大栄養素の一つと言われても具体的に愛犬にどういった作用が働きかけているのか気になりますよね。そこで今回はカナガンに豊富に含まれるタンパク質が愛犬にどのような作用が起こって不足するとどうなってしまうのかを解説していきたいと思います。

1-1.タンパク質はどういう作用があるの?

タンパク質は犬だけでなく全ての生物が共通して必須とされる重要な成分です。タンパク質を含む食材を食べると体内でアミノ酸に変わり体の全ての機能に働きかけ、さらに必要な分だけタンパク質として再合成されて各所でその作用が働きかけます。

その作用は全成分の中でもっとも多種多用で愛犬が生まれてすぐの泣く反応動作や嗅覚、味覚などの神経系の働きを担います。さらに、血液の運搬、臓器による消火・吸収・分解の活動、成長する骨、筋肉、臓器、血管、血液、被毛など全ての細胞を作るのにも必要です。まさにタンパク質は生命現象を支える主役と言える成分なんです。

1-2.タンパク質が不足するとどうなるの?

タンパク質が不足してしまうと新しく細胞を作ることが出来なくなってしまいます。そうなると免疫細胞が作れなくなるので細菌感染を起こしやすくなって重度の病気に掛かりやすくなります。さらに筋力低下によって代謝が悪くなり太りやすくなって糖尿病などを患いやすくなります。

特に重大なのはこの2つですがタンパク質は全ての細胞の置き換えに必要な成分ですから不足すると皮膚トラブル、視力低下、関節痛などあらゆるトラブルを引き起こしやすくなります。なので、タンパク質を豊富に含むカナガンを毎日欠かさず必要量を摂取することが健康維持には何よりも役立つということが言えます。

▼参考記事

愛犬の皮膚炎について悩んでいる方!

1-3.タンパク質だけ摂取しても意味が無い?

ここまでタンパク質の必要性についてお伝えしましたが実はこれだけを摂取してもあまり意味がありません。なぜならタンパク質だけを摂取したとしてもちゃんと体内に吸収してくれないからです。摂取したタンパク質を体内にしっかり吸収するためには野菜などに含まれる豊富なビタミン群が必要です。

よく栄養バランスが大事と言われるのはこのためだったんですね。なので、タンパク質を摂ったらビタミン群もしっかり摂れるドッグフードを選ぶことが重要です。その点カナガンは専門家の分析のもとでお肉、野菜、ハーブなど厳選された素材をバランス良く配合されているので安心です。

1-4.最後に

ここまでカナガンに豊富に含まれるタンパク質の必要性についてお伝えしました。カナガンはタンパク質が豊富なだけでなくバランス良く配合された新鮮な野菜から摂れるビタミン群もかなり質が良いと評判です。生命現象に必須のタンパク質が豊富で体内への吸収サポートも完璧なカナガンを与えて愛犬の健康を支えてあげてください。

【参考】⇒ ドッグフード『カナガン』の詳細はこちら