1.カナガンはポメラニアンに毎日食べさせても安心な理由とは?

カナガンはポメラニアンに安心して毎日食べさせてあげられるドッグフードです。ドッグフードを選ぶときにあまり考えていないという飼い主さんは意外と多いようです。ポメラニアンは消化器官が他の小型犬に比べて細いためお腹を壊しやすい特徴があるのでドッグフードは慎重に選ばないといけません。

カナガンならお腹を壊しにくい原材料だけを使っているドッグフードなのでポメラニアンに最適ですよ。次よりカナガンがポメラニアンに最適な理由について詳しく解説していきます。

1-1.ポメラニアンのドッグフード選びで大切なこと

ポメラニアンの消化器官が小さいということを考慮するとドッグフードを選ぶときにまず注意するポイントは安全な原材料が使われているかどうかです。ドッグフードを選ぶ際は魅力的なパッケージや言葉でつい選びがちですがそれだけで判断するのはとても危険です。

実際の中身を見てみると食べさせてはいけない粗悪は原材料が多用されているケースが多いので注意が必要です。では、具体的にどういった原材料が危険なのかを見て行きましょう。

1-2.ポメラニアンに食べさせてはいけない原材料

・穀物
コーン、米、小麦など

穀物は人間にとって馴染みの深い原材料ですが小型犬のポメラニアンには向いていません。穀物は大型犬、小型犬に関わらず完全に消化をすることができない原材料なのでお腹を壊しやすくなります。さらに穀物はアレルゲンになりやすい原材料なので毎日食べ与えるとアレルギーを起こすことがあります。しかも家畜の肥料として使えない余った外皮だけを加工して配合していることもあるので質もかなり悪いです。

一般的に販売されているドッグフードのほとんどが穀物を主原料として使用しているので気を付けてください。パッケージに明記されている原材料をチェックすれば穀物を使っているかどうかはすぐに分かるので必ず見るようにしましょう。なお、カナガンにはポメラニアンに危険な穀物は一切含まれていないという証のグレインフリーだから安心ですよ。

1-3.ドッグフードと動物性油脂の関係性について

ドッグフードの多くは危険な「動物性油脂」が含まれています。一度あなたが愛犬に食べさせているドッグフードの原材料表記を見て動物性油脂と明記されていないかどうか確認してみてください。

動物性油脂が使われる理由は加工過程において粉状のドッグフードを食べやすい固形状にするためです。では、この動物性油脂はどうやって作られているのでしょうか?

1-4.動物性油脂はどうやって作られるのか?

動物性油脂は肉骨粉から抽出された油です。この肉骨粉は人間が食べられない廃肉処理された出どころの分からない動物に様々な添加物を使って加工されたものです。

こういった工程を経て作られた肉骨粉から抽出された動物性油脂は消化に悪く体内に蓄積されやすい性質を持っているので様々な病気を引き起こすリスクが高くなります。カナガンにおいては動物性油脂ではなく由来が分かる鶏脂が使われているので安全です。

1-5.最後に

ここまでカナガンがポメラニアンに最適な理由についてご紹介しました。カナガンには穀物や動物性油脂といった危険な原材料を一切含まれていないドッグフードなので安心してポメラニアンに食べさせてあげられます。

原材料の名前を聞いただけでは危険かどうか判断するのは難しいと思います。ですが、カナガンを選んでおけばとりあえず危険な原材料が使われていないことは保証されます。

カナガンは厳選された原材料のみで作られていて食いつきも良いと評判のドッグフードなので愛犬の健康のためにもぜひ一度お試しになってみてください。

→ こちらでお伝えしたドッグフード『カナガン』の詳細はこちら