手作り犬ごはんのすすめ

実際に、手作りの犬ごはんが良いかどうかは賛否両論。
そこでまずは、手作り犬ごはんのメリットとデメリットについてお話したいと思います。

全く栄養面を考えずに作られた手作りご飯に比べたら、
栄養価を考えて作られているドッグフードの方がわんちゃんにとって良いというのは、当然のこと。

しかし、最近ではわんちゃんの手作りご飯のレシピなども簡単に調べることができますし、
しっかりとカロリーや栄養の計算をしてあげれば、やはり素材にこだわって手作りした手作りご飯の方が、
安全面や美味しさの面でも断然良いと言えるのではないのでしょうか。

ただ、手作りというのはやはり、手間や時間がかかるもの。
「栄養やカロリーなどを考えて」と、口で言うのは簡単です。
本当にわんちゃんの健康に良いものを作るとなると、獣医栄養学をきちんと学ぶ必要があります。

そんな時間や手間、コストを承知の上で「手作り」をするというのであれば、それはとても素晴らしいことだと思います。

でも、もし難しそう。そこまでの時間が取れないということであれば、
まずは「手作りおやつ」や手作りとドッグフードを混合で与えることから始めると良いと思います。

それに、完全に手作り食にしてしまうことにより、デメリットもあるんですね。
例えば施設に預けなくてはならない、どうしても手作りする時間がない、ということも時にはあると思います。
そのような時、完全手作りの食事を与えていた子に、市販のドッグフードを与えると食べてくれないことがほとんどです。

次にわんちゃんが喜ぶ手作りおやつのレシピをご紹介します。

●リンゴジャーキー
①リンゴの皮をむき、芯をとる
②リンゴを5mm位のあつさに切る
③キッチンペーパーの上にリンゴを並べレンジで2分ほど加熱
④加熱したリンゴを2~3日、風通しの良いところで乾燥させて完成。

どうですか?とても簡単なレシピですが、リンゴを好む子は多いと思うので是非試してみてくださいね。
おやつから初めて、少しずつ手作りご飯に挑戦していくのはいかがでしょうか?

クックパッドにもわんちゃんレシピも掲載されていますし、プロのレシピを紹介するサイトなどもありますので、
週に1回~2回ごちそうとして、手作りご飯をあげてみるのも良いかもしれません。