おすすめのグレインフリーフード

まずは穀物フリーのドッグフードをお勧めする理由についてお話ししたいと思います。
わんちゃんの消化器系は動物性の繊維である、筋や皮などの消化に比べ、植物性の消化を苦手としています。
わんちゃんのウンチにお野菜や草などがそのまま出てくることって、結構ありますよね。

これはわんちゃんの消化器の問題だったんですね。

犬にとって穀物の消化が困難であること、犬にとって穀類は炭水化物、タンパク質としての栄養価が低いこと、
アレルゲンとなる可能性があることから、穀物フリーのドッグフードを選ぶ方が多いようです。

穀物不使用のドッグフードで愛用者が多いのが、チャンピオンペットフード社のオリジンとアカナ。
原産国はアメリカ・カナダ。グレインフリーなのに、高タンパクという、理想のドッグフードだと言えます。

オリジンシリーズの価格は340g1134円と、はっきり言って高いです。
しかし、コスパ、安心安全面を考えれば、良い製品だと言えるでしょう。

同じくチャンピオンペットフード社のアカナのグレインフリー製品もお勧めです。
こちらも340g800円前後と少しだけお高めですが、人気の製品です。
アカナの原材料は約45%~65%に肉を使用していて、
これは一般的に市販されているペットフードの約2倍の含有量になります。
本来肉食であるわんちゃんにぴったりの食事だと言っても良いと思います。

そして気になるのがアカナとオリジンの違いですよね。
同じチャンピオンペットフード社の製品でグレインフリー、ではどこが違うのでしょうか?
2つの大きな違いはお肉の含有量の違いです。
オリジンが80%以上なのに対して、アカナは60%以上です。
それに伴い、タンパク質や炭水化物の量も異なってきます。

そしてもう一つの違いがラインナップ。
オリジンは犬の食を追求したフード、アカナは犬のライフステージに合わせたラインナップだと言えます。

そして、どちらも原材料が人間用の基準をクリアしている、という認定を受けているというのが共通点です。

ですから、わんちゃんの年齢やライフスタイルや体質などに合わせて、
アカナ、オリジンの幅広いラインナップからその子に合った製品を選ぶことができます。

 

【参考】アカナ、オリジン以外のグレインフリードッグフードならこちらもおすすめ!

→ グレインフリードッグフードの「カナガン」 お試し体験レビュー記事もこちらで掲載中!