一般的な食品や、ベビーフードなどを購入する際にも、「国産」「無添加」などと表記してあると、
なんだか安心して購入することができますよね。

同じ気持ちで「国産無添加」のドッグフードを選んでしまうと、
後々わんちゃんの健康を脅かすような成分が配合されていることもあるようです。

なぜなら、日本のペットブームの歴史はまだ浅く、
「ごはん」ではなく「エサ」として、製造・販売しているブランドが多いからです。

そのため、海外の無添加ドッグフードの添加物の基準がとても厳しく、人が食べる事が出来るほどだそうです。

それに対し、日本の添加物の基準はとても緩くなっています。
つまり、表示しなくてはならない添加物を使用していないだけで、
「無添加」とされていても、実際には表示義務のない添加物がたくさん使われていることも多いのです。

このような理由から、最近では国産のドッグフードより、海外のドッグフードを愛用する方が多いようです。

どうしても国産無添加にこだわるのであれば、
わたしが唯一ご紹介できるのが、ビッグウッドです。
自然の食材を使用し、人でも食べられる安全なものをモットーに作られています。
ホームページでは工場や製造過程などを確認することができます。
素材や産地などの詳細を知ることができるのは安心材料になりますよね。

わたしがビッグウッドのドッグフードを良品と判断したのは、HPや口コミを信じたからです。
結局のところ、すべてを公表(表記)するブランドは多くはないでしょう。
結局ドッグフードを選ぶ際には、表記されている内容を信じるしかないんですよね。。。

国産でも外国産でも、良品、粗悪品は必ずあります。
しかし、値段の高いドッグフードはやはりそれなりの材料が使われ、製造工程もしっかりしていることが多いのは確かです。

無添加であることは条件になりますが、一番は国産かどうかではなく、
わんちゃんの体質に合っているか、食いつきが良いかだと思います。

わんちゃんにとっての一番に出会うまでには相当根気がいるとは思いますが、
何種類か試していくうちに、良い反応を見せてくれるものが必ず見つかるはずです。

 

【参考記事】著者が試したおすすめのドッグフードはこちら※体験談あり