1.犬の手作りごはんレシピを学んでいざ愛犬のためにチャレンジ!

犬の手作りごはんレシピを学んで愛犬の健康を守ってあげましょう。でも犬の手作りごはんを学んで愛犬のために作ってあげようと思っても有益なレシピが見つからない事が多いので実践してみようとはなかなか思えませんよね。あと手間が掛かりそうだし犬の健康に悪いという話も聞くからなおさら手作りごはんに踏み切ることができません。

でも、私がそうでしたが犬の手作りごはんのレシピを学んでみて「美味しそう~」と思って愛犬のためにがんばって作ってあげたらすごく喜んで食べてくれたのが始めたキッカケです。以前の私は犬の手作りごはんは完璧に作らないといけないものだという先入観が強すぎたのでレシピを見てもなかなか作ろうとはしませんでした。

ですが、今は私が食べたいと思った食材を買ってきて作った残りのごはんを与えてあげるといった手抜きごはんもたまにはあってレシピ通りに犬の手作りごはんあげたりと完璧にはこなしていません。かといって愛犬の体調面にずっと良い状態が続いていますし毛並みも良くなっている感じがしています。なので、あなたも愛犬が喜ぶ姿を想像して犬の手作りごはんのレシピを学んでぜひチャレンジしてほしいなと思います。

1-1.犬の手作りごはんをこれから始めるために大切なこと

これから犬の手作りごはんを始める時に大切なことは最初は普段のドッグフードと併用して与えることです。私の周りの愛犬家さんも口を揃えて言っていたことなんですが手作りごはんに完全に替えたらドッグフードを食べてくれなくなってしまいます。

急な用事ができて出かけることになって預かってもらう時にすごく困ってしまいますよね。あと大切なことはあまり考えすぎずに簡単に作ることです。

簡単にと聞くと響きが悪いですが犬の手作りごはんと言っても人間が食べるのと基本同じ食材を使うので必要な栄養素はちゃんと摂ることができます。なので、気軽な気持ちで取り組んでみてください。

1-2.食べてはいけない食材

犬の手作りごはんを作ろうとした時に最初に気をつけるポイントは食材選びです。犬が食べてはいけない食材はありますが把握しやすいので目を通しておいてください。

1.ネギ類
ネギ、玉ねぎ、ニラ、らっきょうなどのネギ類には赤血球を壊して中毒を起こす成分が含まれているので与えないようにしてください。

2,消化の悪い食材(イカやタコなど)
犬は消化器官が短いため消化の悪い食材は胃腸に大きく負担が掛かるので与えないようにしてください。

3,甘いお菓子
ケーキやチョコレートなどの甘いお菓子には質の悪い糖質や脂質が多く含まれているので健康面でよくありません。また、美味しい味付けがされているので手作りごはんやドッグフードを食べなくなる恐れがあります。

4,香辛料
刺激の強い香辛料は胃への刺激が強すぎるため下痢を起こしやすくなります。

5,カフェイン
コーヒーや紅茶、烏龍茶などに含まれるカフェインは嘔吐や下痢などの症状が出ることがあります。また、中枢神経を興奮させる作用があるのでてんかん発作や痙攣を発症したことがある場合は大変危険です。

以上の5つをしっかり覚えて食べ与えないようにしましょう。

1-3.初心者さんおすすめの簡単レシピ

犬の手作りごはんをこれからチャレンジしてみようとした友達には必ず教えているレシピがあります。それは簡単に作れる「鶏ともやしのハンバーグ」です。普段の食事と一緒に愛情を込めて簡単に作れるし作りおきも可能なのでおすすめです。

材料(4人分)
鶏ミンチ・・・350g
もやし・・・1袋
人参・・・1/3本
山芋・・・大さじ2
片栗粉・・・適量
ごま油・・・適量
ソース・・・適量
塩コショウ・・・適量
トマトピューレ・・・適量

作り方

(1)人参・もやしをみじん切りにして鶏ミンチと山芋をすりおろしを混ぜ合わせてください。
(2)粘りが出るまで手でこねたら片栗粉を適量加えて丁度よい硬さになるまでこねます。
(3)熱したフライパンにごま油を引いてスプーン一口大にしてフライパンの上に乗せて焼いてください。
(4)こんがり焦げ目が付いたらひっくり返して取り上げてトマトピューレとソースを掛けて完成です。

ヘルシーな鶏肉を使っていますしトマトピューレに含まれるリコピンによる抗酸化作用が働くので理想の体重を維持しつつも愛犬が元気になってくれます。

1-4.最後に

ここまで犬の手作りごはんのレシピについてお伝えしましたがどうでしたか?最初こそは大変だと思うかもしれませんが犬が食べれない食材にだけ注意して残りのごはんをあげるところからまずは始めてみてください。喜んで食べてくれる姿を見たら今度はレシピを見て作ってあげようと親心が芽生えてくるかもしれませんよ。

【合わせて読みたい関連記事】

→ 安全安心にこだわるなら手作り?手作り犬ごはんのメリットとデメリット