ドッグフードの正しい保存方法

ドライフードの小祭ものをを購入しても、容量によっては、小型のわんちゃんだと、
食べきるのに1か月から2カ月かかってしまうこともありますよね。

いくらジッパー付きの袋であっても、そのまま保存しておくと劣化を早めてしまい、
品質を損なってしまったり、傷んでしまうことだってあります。

大切なわんこに、毎日新鮮なご飯を食べさせてあげるためには保存の仕方がとても重要になってきます。

そこで、ドライとウェットのタイプ別の正しい保存方法をお伝えしたいと思います。

ドライフードの保存法

基本的には開封後は温度や湿度が低い場所で直射日光を避けて保存すれば、
急激に酸化してしまったり、雑菌が増殖するということはないと思います。

でも、少しでも新鮮なものを食べさせてあげたいというのが親心、保存の仕方も徹底したいものですよね。

一番簡単な方法として、開封後密封できるストッカーなどに移し替えて保管することです。
それだけでも、十分に品質を保持することができるでしょう。

さらに徹底したいという場合は、密封容器やストックバッグなどに3日分くらいずつ小分けにして保存すると良いでしょう。
中には小分けにして、冷蔵庫で保存するという方もいるようですが、ドライフードの冷蔵庫保存は、基本NGです。
冷蔵庫からの出し入れで結露してしまうため、カビや雑菌の発生原因となってしまうことがあります。

レトルトパックや缶詰の保存法
何度かに分けて与える場合には、すぐに密封容器に移して冷蔵庫で保存します。

と言っても、缶詰などのウエットフードはドライフードに比べて、
酸化や腐敗が進むスピードが速いため、なるべく早く食べきった方が良いと思います。
理想はその日のうちに食べきることです。

どちらの場合も、賞味期限を守り、開封後はなるべく早く食べきってしまうようにすることが大切です。
少し割高にはなってしまいますが、ドライフードなどは小容量のものを購入するように意識して取り組むのが大切です。