1.子犬がドッグフードを食べない時どうしたらよいか。

1-1.子犬がドッグフードを食べない理由

子犬がある日突然ドッグフードを食べなくなってしまうことは実はよくあることです。遊び食いとかむら食い、食べ残しなどする子犬は意外と多いといわれています。

ご飯を食べないから心配だと言っておやつをあげてしまう飼い主さんがいらっしゃいますが、それも良くありません。『ご飯を食べない=おいしいおやつがもらえる』という図式が子犬にインプットされてしまうからです。この図式がインプットされてしまうとますます子犬はご飯を食べなくなってしまいます。

というのも、ごはんを食べるころにはお腹がいっぱいになってしまっているからです。

ですからまず、ご飯を食べない子犬に対してはおやつは禁物です。むら食い遊び食いなどしているわんちゃんに対しては、一定時間食事を与え、もう食べなくなってしまったらすぐにその食事を下げることをおすすめします。いつでも、その場に置いておくことはよくありません。おなかがすけば、子犬は必ずご飯を食べるようになります。ですからご飯を食べないからと言って、いつまでもご飯を置いておくことはやめましょう。

1-2.どのようにしたら子犬がドッグフードを食べてくれるようになるか。

ご飯を食べなくなってしまった子犬に対して、ではどのようにしたらご飯を食べてくれるようになるのでしょうか?ドッグフードを食べないわんちゃんに有効な方法が3つあるのでご紹介します。まずは、食べない場合は食器を片づけてしまいましょう。ちょっとかわいそうですが、もらえるものはドッグフードだけで、食べられるのは決まった時間だけと心を鬼にして接しましょう。おいしいものを知ってしまうと、どんどん我儘になってしまうからです。次に少しでも子犬が食べたらほめてあげることをやってみましょう。

一口食べるごとに、

えらいね!すごいね!

とほめてあげてみてください。

わんちゃんは飼い主さんに褒められることが大好きです。褒められ作戦は結構有効ですので、是非とも忘れずに実施してあげてみてください。最後にドッグフードに手を加えてみてください。本当に小さい子犬の頃は、ミルクをかけてあげてみたり、少しどっぎぐフードをふやかしてみたりしてますよね。嗅覚の鋭い犬はこのように少しふやかしたりするだけで、においが強くなりますのでドッグフードを食べてくれることがあるのです。時にはごはんに少しだけトッピング程度にささみやお野菜を似て混ぜ込んであげても良いでしょう。上に載せるだけですと、上の部分しか食べないこともありますので、しっかりとドッグフードと混ぜ込んで与えてみてください。

1-3.まとめ

今回は子犬がドッグフードを食べてくれない時はどうしたらよいかという事を書かせていただきましたがいかがだったでしょうか?健康に問題がないのにご飯を食べないという場合はメンタル的に何らかの原因があるはずです。今回おすすめした3つの有効な方法をまずは試してみてください。わんちゃんとの根気比べですが、心を鬼にして頑張ってみてくださいね。ご飯を食べない理由で、体調が本当に悪いこともあるかもしれませんので、そんな場合はすぐに動物病院に連れて行って獣医師さんの診断を受けてください。体調が悪い時のごはんを食べないという場合は生命の危機につながりますので。どちらにせよ、子犬の時期に色々と我儘にしつけてしまいますと、今後成犬になってからも大変になることは目に見えています。毎日の事ですので子犬の頃からしっかりとごはんに関してもことは躾をして、大きくなってもフードジプシーのようにならないようにしておきましょう。

【子犬のドッグフード選びにお困りならこちらの記事も】
→ カナガンはパピーの時期に与えたら健康になれる!その理由とは?