1.カナガンは避妊した後のワンちゃんも与えても大丈夫?

カナガンは避妊した後のワンちゃんでも安心して食べ与えることができるかどうかを検証していきます。避妊した後の愛犬のドッグフード選びでカナガンを試そうか迷われている場合はぜひ参考にしてください。

1-1.避妊した後のドッグフード選びについて

避妊した後のワンちゃんはホルモンバランスが乱れることによって消費カロリーが減ってしまうと言われています。なので、普段のドッグフードを与えると太ってしまうんじゃないかと悩まされる飼い主さんは多くおられます。

実際にドッグフードの販売員に聞いてみると大抵はダイエットフードを薦められます。でもダイエットに関してはうちの子がかなり苦労して克服したから分かるのですがダイエットフードって内容的にあまり良くないです。なぜかというとほとんどのダイエットフードはお肉の割合が少なくて栄養が足りないし量を減らすと圧倒的な栄養不足になるから体重コントロールがものすごく難しいからです。

なので少量でも栄養価がギッシリ詰まっているカナガンのほうがダイエットという観点から見てもカロリー調整が簡単で体重コントロールがしやすいから一度試してほしいですね。避妊した後に大切なのはカロリー調整だからカナガンなら量を減らしても必要な栄養価はちゃんとまかなえるので健康面の安心感はかなりありますよ。

1-2.カナガンは太る説について

カナガンは体重コントロールがとても簡単なのは私が経験済みだから間違いありません。ちょっと太ってきたと思ったらカナガンの量を10%ずつ減らして愛犬の体格や体調、ウンチの具合をちゃんと観察して再調整してあげれば大丈夫です。

でもカナガンを食べると太るという説があるみたいです。たしかにカナガンはほかのドッグフードと比べて1回の食事に対するカロリーは20kclほど多いですがそれほど気にする量ではありません。実際にカナガンを食べ与えて太ってしまった飼い主さんの声を聞いてみると普段のドッグフードと同じ量を食べさせていたというのが大多数でした。

これはカナガンに切り替えた飼い主さんがやりがちなパターンなので私にとって予定調和でしかありませんが、あなたはくれぐれも同じことにならないようにしてくださいね。しかも避妊した後となると太ってしまうのを相当早く実感してしまうかもしれません。カナガンはほかのドッグフードと比べて量は少ないので目安の給与量はちゃんと守って与えるようにしましょう。

1-3.最後に

ここまでカナガンは避妊した後の与えても大丈夫かどうかを検証してきました。避妊したからと言って餌の量を極端に減らしてしまってもストレスを与えてしまい体調はますます悪化してまうのであまり良くありません。

カナガンはそれでも栄養価が優れているので安心ではありますが神経質になるのは賢くないですよね。避妊した後の消費カロリーの変化は時の流れに任せるしかありませんので体重管理が簡単なカナガンで栄養不足にならないようにうまくカロリー調整をしてあげてください。

【参考】⇒ ドッグフード『カナガン』の詳細はこちら