1.カナガンとアカナを比較してみてわかった違いは?

世界各国の愛犬家から評価の高いカナガンとアカナの2つのプレミアムドッグフードを徹底比較していきます。アカナシリーズは世界的に有名なドッグフードとして知られているオリジンの姉妹ブランドとして愛犬家から人気があります。そのアカナシリーズの中からカナガンと同じチキンを主原料としているベーシックタイプの「アダルト・スモール・ブリード」とカナガンの違いを含めて比較検証していきます。

その比較対象となる項目はお肉の割合、人工添加物、穀物の3つです。この3つはドッグフード選びでは欠かせない必須項目なので比較材料とさせていただきます。なお、カナガンとアカナの細かい違いなどもお伝えしますのでどっちを選ぼうか迷走中な場合は参考にしてください。

1-1.カナガンとアカナを徹底比較!

・カナガン

1,お肉の割合は50%以上
2,人工添加物不使用
3,穀物不使用
1日あたり約166円

・アカナ アダルト・スモール・ブリード

1,お肉の割合は51%以上
2,人工添加物不使用
3,穀物使用
1日あたり約189円

カナガンとアカナの共通する点は栄養学的に理想とするお肉の割合50%以上をクリアしているのと人工添加物不使用の2つです。3つの項目のうち唯一違うのがアカナは穀物を使用している点です。穀物は犬が消火を不得意としている原材料の一つなので穀物不使用を求めるならカナガンを選択することになります。

あと、アカナに含まれる穀物は全体の割合の2番目に多く含まれているのでちょっと多すぎる気もします。ただし、アカナが採用している穀物はスチールカットオーツなのでコーンや小麦に比べてアレルギーを引き起こしにくい原材料をチョイスしている点は評価できます。

1-2.アカナはカナガンに比べてアレルギー対策におすすめ

アカナはアレルギー持ちのワンちゃんにとって適しているドッグフードと言えます。というのもアカナシリーズはアレルゲンとなりやすいお肉を牛肉、ラム肉、チキン、魚肉など選択肢がとても幅広いです。

一方のカナガンはチキンしか選択肢が無いのでもし鶏アレルギー持ちのワンちゃんの場合はアカナシリーズの選択肢の多さに魅力を感じると思います。また、アカナはお肉の品質の良さにも定評があるのでアレルギーの不安を感じさせない安定感は高く評価できます。

1-3.価格の違いについて

アカナの場合は品質管理を徹底しているためプレミアムドッグフードの中でも割高な印象を受けます。1日あたりの価格が200円近いプレミアムドッグフードはあまり見かけません。とはいえ、品質は価格相当に良い素材を使っているのでドッグフードに掛ける費用に余裕がある場合はアカナはおすすめです。

1-4.最後に

ここまでカナガンとアカナの違いについてお伝えしましたがいかがでしたでしょうか?カナガンとアカナの品質においてはどちらも一流ですがコストパフォーマンスを考慮するとアカナのほうが若干分が悪いように思えます。ですが、コストパフォーマンスを全く気にしない方は品質と安全性ともトップクラスなのでおすすめできます。

あとアレルギー対策としても選択肢の多いアカナは見逃せませんね。カナガンとアカナの違いを考慮した上でどちらのドッグフードが愛犬に合うのか選んでみてください。

【アレルギー対策の関連記事】
→ ワンちゃんの皮膚病は食生活の見直しを!カナガンのフードが手助けできる理由とは?