1.カナガンとソルビダを徹底比較してみました!

高い栄養価と安全性に優れたドッグフードとして有名なカナガンとソルビダを徹底比較してみました。ソルビダはオーガニックの原材料を贅沢に使用しているドッグフードとして高い評価を受けていますが実際のところはどうなのでしょうか?オーガニックは体に良いという印象が強いので気になりますよね。

どちらもプレミアムフードですがドッグフード選びで重要なポイントは栄養学に基づく栄養バランスと安全性の2つです。そこからさらに細分化すると以下の3つの項目に分けられます。

1,お肉の割合が50%以上か?
2,人工添加物は使用していないか?
3,穀物は使用していないか?

以上の3つの項目を対象としてカナガンとソルビダを比較検証していきます。カナガンとソルビダのどっちを選ぼうか迷われている場合は参考にしてください。

1-1.カナガンとソルビダを徹底比較!

 

・カナガン

1,お肉の割合は50%以上
2,人工添加物不使用
3,穀物不使用
価格:1kgあたり1980円

 

・ソルビダ

1,お肉の割合は34%以上
2,人工添加物を不使用
3,穀物使用(オーツ、大麦、玄米、豆類)
価格:1kgあたり2222円

 

カナガンとソルビダの共通している点は人工添加物不使用の1つだけです。とはいえ、ソルビダの方はアスコルビン酸やポリリン酸塩、塩化カリウムといった加工食品によく用いられる添加物を使用している点が気になりました。なお、穀物が2種類以上含まれていると消化するのに身体にかなり負担が掛かるのですがソルビダは4種類使用している点も気になります。

 

お肉の割合と穀物不使用の2項目ついては違いが明らかに見られておりカナガンのほうが優れていることが分かります。価格の面では割高になりやすいオーガニックを使用しているソルビダのほうが高くなっています。

 

1-2.ソルビダの食いつきの良さについて

ソルビダはカナガンにも引けをとらない食いつきの良さが評判のドッグフードとして知られています。ところがソルビダの原材料を見てみると天然フレーバー(香料)とガーリックパウダーの2つが食いつきを誘発させていることが判明しました。

 

しかも香料として使われている天然フレーバーは原材料全体の割合として6番目に多く含まれているのでちょっと入れすぎなんじゃないかと心配になります。また、ガーリックパウダーは犬に与えてはいけない食べ物として有名なにんにくを粉末にしたものなのでこちらも心配です。

 

1-3.カナガンとソルビダの比較まとめ

カナガンとソルビダの比較をここまでご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?ソルビダはオーガニックの原材料を贅沢に使用しているのは評価できますがお肉の含有量が34%しかない、添加物を多用している、穀物を4種類使用している、この3つの点がマイナス要素です。ですので、カナガンとソルビダを比べて栄養面と安全性の2つを考慮するとカナガンのほうに軍配が上がります。

 

もちろんソルビダは市販の格安ドッグフードと比べると圧倒的に良いのは間違いありません。オーガニックのドッグフードを愛犬に食べさせてあげたいと強く思うのなら検討してみるのも良いかもしれません。

 

【参考】

⇒ ドッグフード『カナガン』の詳細はこちら