カナガンって本当に安全なのか?

カナガンはイギリスの最高級ドッグフードで
多くのwebサイトなどでも安全性が高いと
絶賛のドッグフードです。

とはいえ、本当に安全なの?と疑問を持つ方は
少なからずいると思います。

なので今回はカナガンは本当に安全なのか?
その真相に迫ってみたいと思います。

●カナガンの安全性について

カナガンの安全性について代表的なものは
以下の3つのポイントが上げられます。

  1. グレインフリー(穀物不使用)
  2. 人工添加物不使用
  3. 獣医師さんも薦めている

ほかにも安全面においては色々ありますが、
上記の3つがカナガンの安全性を示す代表的なものです。

上記の3つ以外で安全な項目といえる代表的な項目は
私の知る限りありません。

逆に3つを満たしていないドッグフードを選ぼうと
している場合は安全面においては不安です。

では、3つの安全性について順をおって説明していきます。

●グレインフリー(穀物不使用)

グレインフリーというのはあまり聞き慣れていない
言葉かもしれません。

グレインフリーというのはトウモロコシや大麦などの、
穀物を使っていないという意味なのですがわんちゃんに
とってこれは大きなメリットになります。

その理由は犬にとって穀物は栄養価値がないどころか
消化器官の異常や皮膚トラブル、アレルギーなどを
引き起こしやすいと言われているからです。

というのも犬は本来、穀物を主食としていません。

穀物は日本でいえば弥生時代の頃から盛んに
作られるようになったのですが、犬の祖先にあたる
オオカミは1万5千年以上かそれよりもっと昔から
存在しています。

なお、穀物をドッグフードに多く含むことによって
原材料コストを大幅に下げられるという業者側の
営利的なメリットは大きいです。

わんちゃんの体にとって穀物は空腹を満たす以外に
何もメリットがないので注意してください。

●人工添加物不使用

人の手によって施された化学物質にあたる
人工添加物は腐りにくいといった利便性が
あるので市販のドッグフードに多く利用されています。

中には発がん性のある人工添加物が含まれている
ドッグフードもあるので大切なわんちゃんに
毎日食べさせるのはあまりにも危険です。

一方のカナガンは保存料として天然由来の
トコトリエノール(ビタミンE)が使われています。

ちなみにトコトリエノールは健康サプリメント
として売られてたりしています。

●獣医師さんも薦めている

ドッグフードの安全性について色々と
リサーチして多くの情報を得たとしても
専門家ではないので確信という意味では
どうしても限界があります。

ですが専門家である獣医師さんお墨付きというので
あれば安全という面では納得できますよね。

カナガンの販売ページでは動物病院の院長さんの
顔も見れるので一度覗いてみてください。

また、愛犬についての疑問やお悩みなどあった
場合は専任のスタッフがサポートしてくれます。

何か困っていることがあったらぜひ相談してみてください。

●最後に

カナガンの安全性についてここまで紹介してきましたが
1つだけ注意点があります。

それは、カナガンの主な主原料はヘルシーなチキンを
採用しています。

なので、鶏アレルギーをお持ちのわんちゃん
にとっては安全とはいえないので注意してください。

逆に鶏アレルギー持ちでないわんちゃんでしたら
ドッグフードの中ではダントツに安全性は高いので
おすすめですよ。

→→→世界中の愛犬家から支持される、イギリス産ドッグフード『カナガン』はこちら