カナガンとマグネシウムの関係性について

カナガンとマグネシウムの関係性についてここではご紹介させて頂きます。

カナガンに含まれているマグネシウムの数値について
気にされている方が少なからずおられるようですね?

マグネシウムの数値が気になる理由は
やはり尿結石の発症の心配だと思います。

また、尿結石の予防と対策を考えている方の中にはいるでしょう。

さて、尿結石の成分はマグネシウムやリン、
カルシウムなどのミネラルで構成されていて、
このバランスが崩れると結石(結晶)が
できやすくなると言われています。

でも、安心して下さい。

カナガンのドッグフードにはマグネシウムは
含まれていません。

とはいえ、ドッグフードの成分表示は人が
食べる食品と違ってゆるい部分があるので少量の
マグネシウムは含まれているかもしれません。

でもですよ?

お水にマグネシウムは普通に含まれています・・・。

マグネシウムを摂るのを控えたら断水するって
ことになるのでそれだと死んじゃいますよ。

なので、マグネシウムがどれだけ含まれているか
どうかが問題ではないということです。

次は尿結石の原因について紹介していきます。

●尿結石の原因とは?

マグネシウムの数値を気にされるということは
尿結石の原因について知っておいたほうがいいと
思います。だから今から説明しますね。

尿結石が発見されて動物病院で診てもらうと
高い確率で「運動不足です」と言われると思います。

ですが、運動不足だけが原因なわけありません。

ほかにもたくさん尿結石を引き起こす要素は
無数に存在します。

例えば、

  • 飲水量の減少
  • 尿のph
  • 肥満
  • 感染
  • ビタミン不足
  • 食事管理
  • 免疫力の低下

などがほんの一例です。

最後の免疫力の低下なんてその原因まで深堀り
していったらキリがありません。

なので、やっぱり大事なのは栄養バランスと
適度な運動ということになります。

栄養バランスと聞くと予定調和のように
聞き飽きていると思うので次は少し詳しく
解説していきますね。

●栄養バランスの真実とは?

栄養バランスが大事という言葉は犬だけの
用語ではなく人間にも共通する言葉です。

「栄養バランスって何なんだよっ!」

って私も思っていたからいつも無視していました。

なので、一度小心に戻って改めて知識として
学んでいきましょう!

わんちゃんでいう栄養バランスというのは、
「必要な栄養価を無駄なく摂取すること」です。

つまり、必要以上に栄養価を摂ってもダメだし
足りなくてもダメってことです。

わんちゃんにおいてはドッグフードという
便利な食材があります。

もし、人間用に必要な栄養価を無駄なく摂取できる
ヒューマンフードなるものがあったら絶対に売れないと
思います・・・。

さて、カナガンは必要な栄養価を無駄なく
摂取できるという証明の”総合栄養食”に
分類されています。

総合栄養食に値しないドッグフードは
一般食という枠組み入ります。

一般食はおかずという立ち位置と言えば分かりやすい
かもしれませんね。

カナガンはまさしく総合栄養食で栄養バランスの
取れたドッグフードといえるのでぜひお宅の
わんちゃんの第一候補として検討してみてください。

→→→世界中の愛犬家から支持される、イギリス産ドッグフード『カナガン』はこちら