カナガンと大型犬との関係性について

最近では小型犬を飼われている愛犬家さんも
増えてきていますが、大型犬もおおらかで
頼もしいので大好きです。

また、数種類飼われている愛犬家さんも
おられると思いますのでそういった方の
場合だとドッグフードを選ぶのにかなり
悩まされると思います。

そこで、こちらでは栄養バランスが優秀と
注目されているカナガンと大型犬との関係性
について。

あとドッグフードの選び方などもしっかり
お伝えしていこうと思います。

●大型犬に食べさせてはいけない危険な食材とは?

・穀物

穀物は消化器官に悪影響を及ぼす食材として
大きな要因とされています。

犬の祖先にあたるオオカミはお肉を主食として
いるので穀物を食べるという習慣はありませんでした。

なお、祖先のオオカミと現在の犬とは
細胞レベルで変化はしていないので
毎日食べさせるのは危険です。

また、昔から馴染みのある大型犬は
現在主流となりつつある小型犬に
比べて消化器官がしっかりしています。

ですが、穀物を毎日食べ与えていてはいずれ
消化器官に異常をきたしてしまいます。

消化器官の異常を下地とした場合には、
治すことが困難で毎日の薬の服用が必要な
心臓病などの重度の病気を引き起こしやすい
体質になってしまいます。

カナガンにおいては穀物を使用していない
代表的なドッグフードだから安心ですよ。

続いては大型犬には欠かせない栄養素について
お伝えします。

●大型犬に必須の栄養素とは?

前途でも少し触れましたが犬の祖先のオオカミは
お肉を主食としてきました。

なので、大型犬も同様でお肉を主食として
食べ与えるのが好ましいです。

ですが、お肉を与えようとしても費用や
保管に難があるため毎日食べ与えるのは
実質不可能です。

ですのでドッグフードに含まれるお肉の
割合が大きいものを選択することが望ましいです。

お肉の割合が大きければ大きいほど犬にとって
もっとも大切なたんぱく質を多く取り入れることが
できます。

たんぱく質は病気に負けない健康な体質に
させてくれる必須の栄養素だから絶対に
無視しないでくださいね。

カナガンにおいては主原料としているお肉は
厳選したヘルシーなチキンを採用しています。

その割合は全体の実に51%を占めています。

このお肉の割合の大きさは他のドッグフードと
比べて圧倒的に多いです。

ですが、鶏アレルギー持ちのわんちゃんに
とっては不適切なのでやめておいたほうが
いいと思います。

ですが、チキンに抵抗がない場合はカナガンは
最適なドッグフードと言えます。

●お肉と肥満の関係性

一般的にお肉を食べると太るというイメージが
あると思います。

ですが、現在はお肉だけを食べ続けても
太らないというのが常識になりつつあります。

人が1週間焼き肉のみを食べ続けた実験を
テレビでやっていたのですが実際に体重は
増えていませんでした。

もちろんこの場合は栄養バランスは最悪なので
健康の面においては最悪です。

ですが、栄養バランスがしっかり摂れて
お肉の割合が多いドッグフードを選べば
肥満を防ぐとともに健康面においても
万全ということが言えます。

●最後に

ここまで大型犬に最適なドッグフードについて
お伝えしてきましたがどうでしたか?

ドッグフードは多種多様な特徴を持っているので
最適なものを選ぶのは難しいかもしれません。

ですが、カナガンは一般食とは違ってペットフード協会
から総合栄養食と認められている栄養バランスに優れた
ドッグフードです。

今回の記事を読んでみてお宅のわんちゃんに合う
ドッグフード選びのヒントに少しでもなっていれば幸いです。

→→→世界中の愛犬家から支持される、イギリス産ドッグフード『カナガン』はこちら