1.カナガンは心臓病の予防と対策に効果があるのか調べてみました。

カナガンは心臓病の予防と対策に効果的なのかどうかを調べてみた結果をお伝えします。心臓病はがんに次いで犬の死因の2番目に多い病気として知られています。とはいえ、早く症状を発見して早期治療に努めれば健康な状態で長生きさせてあげることができます。心臓病を発症するタイミングとして多いのは子犬の時期は先天性が多くみられて高齢犬になると慢性的に発症する件数が増えるという傾向があります。

慢性的に発症するということは逆算すると子犬の時期から心臓病を患うまでの危険因子を積み上げてきた結果ということが言えるのでその間に食べるドッグフードは慎重に選びたいところです。では、カナガンは心臓の予防・対策に効果的かどうかを次より詳しく解説していきます。

1-1.カナガンは心臓病の予防に効果はあるの?

心臓病の原因の全ては解明されていませんが子犬の時期から徐々に積み重ねてきて慢性的に発症するケースが多く報告されています。つまり、普段から与えているドッグフードが起因して発症するということです。

具体的に言うとドッグフードに含まれる過剰な塩分や人工添加物、副産物が原因だと考えられています。また、ドッグフードに含まれるこれらの粗悪な原材料は心臓病の予備軍となる高血圧や糖尿病といった疾患のリスクも高くなります。

カナガンの塩分については1日に必要な摂取量は専門家のもとで適切に配合されているので問題ありません。人工添加物や副産物にいたっても人間でも安全に食べれれる素材のみを配合して作られているので心臓病予防として適しているドッグフードと言えます。

1-2.カナガンは心臓病の対策としては効果はある?

心臓病を患ってしまった場合は当然ですが獣医師の指示のもとで食事療法もしくはドッグフードの見直しが検討されます。食事療法の基本としては塩分を控えめにして栄養バランスを考慮した上で餌を与えます。

カナガンの栄養バランスは犬にとって最適化されているので塩分だけには気を付けなくてはいけません。具体的な対策としては規制された塩分量を考慮して与える量を減らしてエネルギー源となるたんぱく質が豊富な合挽肉を茹でて一緒に混ぜて与えるという方法が効果的です。もちろん獣医師さんの指示のもとで食事対策をするということが大前提になります。

1-3.心臓病にかからないために大切なこと

心臓病は高齢犬に多くみられる病気なので若い年齢から長期的に予防に努める必要があります。そのためには普段から与えている食事がとても大切です。

犬は基本的には消化器官が弱いので質の悪いドッグフードを毎日食べ与え続けると臓器機能が低下して高血圧や糖尿病を発症していずれ心臓病やがんといった死因率の高い病気へと繋がってしまいます。質の悪いドッグフードの特徴は以下の5つの要素を持っています。

1,人工添加物を使用
2,穀物を使用(コーン、米、小麦、大豆など)
3,動物性油脂使用
4,家禽類、ミールなどの由来が不明なものを使用
5,栄養バランスが偏っている

以上の要素のうち1つでも該当するドッグフードを毎日食べ与え続けると心臓病を発症する確率が高くなります。

1-4.最後に

カナガンは上述した5つ要素の全てに該当していません。カナガンは専門家の監修のもとで新鮮な素材のみを厳選して配合していて栄養バランスも優れた良質のドッグフードです。少なくとも私の知る限りではカナガン以外に心臓病の予防・対策に効果があるドッグフードは見当たりません。心臓病の予防・対策としてぜひ一度カナガンを検討してみてください。

→ こちらでお伝えしたドッグフード『カナガン』の詳細はこちら