フレンチブルドッグにカナガンをおすすめする理由

french_bulldog

ボテッとした体格の可愛いフレンチブルドッグ。

まずは、フレンチブルドッグについて簡単ですが紹介します。
フレンチブルドッグの特徴としては、子犬の時期から成犬の時期にかけて、食べる量が変わります。フレンチブルドッグは太りやすい犬種と言われていて、食事を与えすぎるとあっという間に肥満になってしまうんです。

フレンチブルドッグは子犬の時期に成犬の1日に必要なカロリーより少し多めに与えると良い、などと言っている方もいますが子犬の時期だけです。

子犬の時期は成長真っ只中なので、多少多めにカロリーを摂っても問題ありませんが、成犬になってからも好きなだけ食べさせていると大変なことになってしまいます

フレンチブルドッグは、他の犬種と違いあまり運動の必要のない犬種とも言われていますが、最低限の運動は必要になります。あまり運動をする機会がないからこそ、フレンチブルドッグの場合はしっかりとした食事の管理が大切です。

フレンチブルドッグにおススメのドッグフードって?

そんなフレンチブルドッグにおすすめするのがカナガンドックフード。

canadogfood

カナガンドックフードはイギリス産のドックフードで、穀物が使われていないことが1番の特徴です。一般的に販売されているドックフードに比べ本当に必要なだけの栄養がバランス良く配合されています。安全性もとても高く、フレンチブルドッグにも安心して与えることができるので健康面の状態も格段に良くなるでしょう。

カナガンドックフードは小粒タイプで1粒1粒の真ん中に小さな穴が空いています。
その為、子犬でも小型犬でも食べやすくできているのがポイント。口が小さく、鼻の低いフレンチブルドッグにはカナガンドックフードは本当におすすめできます♪

また、カナガンドックフードは消化や吸収が良いので体にも優しいですので、是非、試してみてください。

最後に、カナガンドックフードについてのもっと詳しい詳細を。
カナガンドックフードはグレインフリードックフード。フレンチブルドッグはもちろん、どの犬種にもグレイン(穀物)が含まれているドックフードは良くありません。カナガンのドックフードは、グレインも含まれていませんし栄養がバランス良く配合されており、原材料も人間が食べても問題のないものだけを使用しています。高品質で新鮮な原材料ばかりなのでフレンチブルドッグの健康にももちろんバッチリです。

なお、カナガンドックフードに含まれている原材料は以下の様になります。

  • 乾燥チキン
  • 骨抜きチキン生肉
  • 鶏脂
  • チキングレイビー
  • 乾燥全卵
  • サーモンオイル
  • サツマイモ
  • えんどう豆
  • えんどうタンパク
  • 人参
  • りんご
  • ほうれん草
  • じゃがいも
  • 海藻
  • フラクトオリゴ糖
  • グルコサミン
  • コンドロイチン
  • マリーゴールド
  • クランベリー
  • カモミール
  • オオバコ
  • セイヨウハッカ
  • アニスの実
  • アルファルファ

などがカナガンドックフードに含まれている原材料となります。

カナガンドックフードの全てのパッケージには番号が印刷されています。この番号で原材料の生産地や生産日がすぐに分かりますし、サンプルも1年間保管している徹底ぶりです。私も実際に自分のわんちゃんたちに食べてもらいましたが(【参考】カナガンのドッグフードのお試し体験記事」)、みんなばくばく食べてくれましたし、体調面も向上してくれました。カナガンドックフードは本当に安心・安全なドックフードだと思ってます。

フレンチブルドッグへの健康を考えたドッグフードを浅賀氏であれば、ぜひカナガンをチェックしてみて下さいね。

⇒イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』の詳細はコチラ