カナガンを食べない理由とは?

「うちのわんちゃんが普段から与えている
ドッグフードを食べなくなっちゃった!」

 

そんな偏食気味の愛犬にお困りではないですか?

 

小型犬の場合だと特に偏食になりやすい
体質なので困ってしまっている愛犬家さんは
多いようです。

 

ですが、カナガンなら普段のドッグフードを
食べないわんちゃんでもお皿がピカピカになるまで
ちゃんと平らげてくれますよ。

 

その理由についてもちゃんとお伝えしますね。

 

また、カナガンを食べないという子には
対策万全なので安心して下さい。

 

 

●カナガンを食べない理由とは?

 

カナガンを食べない理由について先にお伝え
します。

 

そもそもの話になるのですが、ドッグフードを
切り替えるにはコツがあります。

 

その一例が以下の通りです。

 

一日目2(普段)2:8(カナガン)、二日目3:7、三日目5:5、
四日目7:3、五日目8:2六日目9:1七日目カナガン100%
といった具合に普段与えているドッグフードに少しずつ
カナガンを混ぜてあげてください。

 

このやり方は動物病院の先生もおすすめしている方法です。

 

また、急にドッグフードを切り替えると一時的に
おなかを壊して軟便や下痢といった症状になる
かもしれません。

 

なのでわんちゃんの様子を見ながら期間と割合を
調整してくださいね。

 

なお、カナガンは主原料とするお肉として
チキンを採用していますので鶏アレルギーの
わんちゃんは食べないというか与えてはダメ
なので要注意です。

 

次はわんちゃんがカナガンをパクパク食べてくれる
理由についてです。

 

 

●カナガンを食べない理由が見つからない!

 

カナガンは主原料としてお肉の割合が他の
ドッグフードよりも多めに設定されています。

 

犬の祖先はオオカミですが生きるために
狩りをしていたので主食はお肉です。

 

現在の犬もそのDNAは引き継がれているので
生物学的な知見からしてもお肉が大好物なのは
明白です。

 

だからパクパク食いつきよく食べてくれるんですね。

 

また、生物学的に適切な栄養素の比率は
生肉などの動物性たんぱく質が60%野菜
などの植物成分が40%です。

 

カナガンの動物性たんぱく質の配合比率は
51%なのでこの比率の高さは他のドッグフードを
圧倒しています。

 

さらに、動物性たんぱく質は丈夫な骨格と
美しい毛なみ、健康維持に大きな役割を
担っているので無視することはできません。

 

あとカナガンは食べやすい小粒タイプなので
こういった細かい気配りはうれしいですね。

 

 

●最後に

 

カナガンを食べない理由と食べる理由の両方を
ここまでお伝えしましたがいかがでしたか?

 

カナガンの公式ページを見てもらうと分かる
のですが、モニター調査によると100%の
わんちゃんが喜んで食べてくれたという結果が
出ています。

 

100%というのは相対的に見ると必ずしも
あなたの愛犬が絶対に食べてくれるという
保証ではありません。

 

ですが、しっかりとモニターさんを集めて
調査結果を算出してた努力は認めてもいいかな
なんて思います。

 

公式ページに書かれていることを知識のない
状態で読んでしまうといかにも絶対的に良い
イメージが刷り込まれてしまいます。

 

なのでドッグフードの知識をしっかり身に付けた
上で再度公式ページを読まれることをおすすめします。

 

あなたのわんちゃんにとって最良のドッグフードが
1日でも早く見つかることを心より願っています。

→→→世界中の愛犬家から支持される、イギリス産ドッグフード『カナガン』はこちら