カナガンはダイエット効果はあるのか?

カナガンはダイエットに効果的かどうかを
ここでは詳しくお伝えしていきます。

大切なわんちゃんが肥満気味で困っている
のでしたらきっとお役に立てる内容となって
いると思うのでぜひご覧ください。

私の愛犬もかつて肥満気味でよちよち歩きを
可愛いな~と思って眺めていたある冬の時期の
ことでした。

愛犬の血液検査の結果を見てみたら糖尿病の
疑いが見つかりました。

そこで獣医師さんから肥満に効果的な食事管理や
必要性について色々とアドバイスを頂きました。

自分の愛犬が病気になったと分かって初めて
食事管理の大切さを思い知らされました。

そこで、愛犬のために自分の下っ腹の脂肪を
尻目に健康的でダイエットに効果がある
ドッグフードを徹底的に調べ上げました。

そこで最終的にたどり着いたのがカナガンです。

その後の経過ですが体型はすっかり細マッチョの
たくましい体になって今でも元気に走り回っています。

なので、私の経験を踏まえてカナガンは
自信を持っておすすめですと言い切れます。

次はカナガンがダイエットに効果的な
理由についてお伝えします。

●カナガンがダイエットに効果的だった理由とは?

当時ドッグフードを調べ上げてカナガンに決めた
理由をそのままお伝えしようと思います。

カナガンは穀物を1mgも含まれていない
グレインフリーだったことが大きな理由です。

穀物は肥満の大元となるブドウ糖を形成させます。

必要以上にブドウ糖を取り込むと肥満細胞へと
変化させてしまうんです。

つまり、この一連の流れを毎日繰り返すと
どんどん太ってしまうというわけです。

また、愛犬が糖尿病を患うまで与えていた
ドッグフードは市販で格安で買った商品です。

市販のほとんどのドッグフードは穀物を
大量に使われているそうなので愛犬が肥満に
なるのも納得です。

●穀物の危険性は肥満だけではありませんでした

穀物自体はそれほど危険ではないのですが、
必要以上に取り入れるのはわんちゃんにとって
良くありません。

というのも、ブドウ糖を毎日必要以上に
摂り続けると消化器官に悪影響を及ぼす
からです。

消化器官には小腸や大腸といったわんちゃんの
健康を左右させる重大な働きをする部分です。

ここに異常をきたしてしまうと大変危険です。

消化器官に異常をきたすと以下の様な病気及び
疾患のリスクが高まります。

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 動脈硬化
  • 心筋梗塞
  • 腎臓病

など様々な病気を引き起こします。

●最後に

カナガンとダイエットについてわたしの経験も
交えてここまでお伝えしましたがどうでしたか?

わんちゃんのダイエットとして一番大切だと
思うことはドッグフード選びです。

ドッグフードは市販、通販含め多種多様に
販売されているので選ぶのに一苦労です。

個人的には私の愛犬をたくましく元気にしてくれた
カナガンをおすすめします。

ですが、あなたの愛犬に合うかどうかが一番大事
なのでドッグフードを色々と調べてみたけれど
どうしても決まらないという場合はカナガンを
一度検討してみてください。

→→→世界中の愛犬家から支持される、イギリス産ドッグフード『カナガン』はこちら