カナガンとカロリーの関係性について

カナガンとカロリーの関係性について
ここではご紹介します。

カロリーは必要量をしっかり取ることは
健康維持に繋がるのでとても重要な数値です。

逆にカロリー摂取量を無視すると痩せすぎ
であったる太りすぎといった病気に掛かりやすい
体質を作り上げてしまいます。

そこでカギとなるのがカロリー計算です。

●犬のカロリー計算について

カロリー計算をすることによって1日に摂取する
目安となる数値が分かるので食べ過ぎや痩せすぎ
などの予防と対策ができます。

なので、運動によるカロリー消費量などを
加味するとわんちゃんのダイエットにも役立ちますね。

一般的な犬のカロリー量及びエサの量の計算方法は
以下の通りです。

(30×体重+70)×2=必要カロリー量
必要カロリー量×350×100=1日に与えるエサの量

カロリー計算は目安となる数値が分かるので
便利なのですが万全というわけでは決してありません。

カロリーはあくまで総合的な熱量なのでカテゴリー的な
枠ぐみ広すぎて栄養価については不透明です。

極端な例で言うと人間が栄養価の偏ったラーメンだけを
1年中必要なカロリーを摂取したとしたらどうでしょうか?

きっと飢えはしないだろうけど普通に体調が悪くなって
病気になると思います。

それと同じでドッグフードにも似たような状況が
起こりえます。

ドッグフードは種類によって栄養価やバランスが
様々なのでカロリー計算のみでは詳細に測れない
部分が多くあります。

なのでカロリー計算だけに頼るのはあまりおすすめしません。

カナガンも同じことが言えるのでこれから
説明していきますね

●カナガンとカロリーの関係性について

犬に必要なカロリー量はドッグフードの
種類によって様々ですので一般的な算出方法では
最適な数値を知ることができません。

カナガンについては主原料として犬に優れた
栄養価を多く含むお肉(チキン)の割合が51%
含まれているので100gあたりのカロリーは
他のフードと比べると多めになっています。

なので、カナガンは他のドッグフードよりも
食べ与える量は少なめの設定になっています。

1日に与える必要量については成犬、仔犬、体重別に
目安がパッケージに明記されています。

また、わんちゃんを数種類飼っている場合は
目的別に適した種類のフードを与えてあげないと
いけないので確認するのが面倒に感じるかもしれません。

ですが、カナガンについて言えば
全犬種・全ライフステージ対応なので
簡単に適した量をあげることができます。

●カロリーと肥満の関係性について

高カロリーと聞くと太りやすいという
イメージを持っている方はどれだけいる
でしょうか?

実はカロリーと肥満には直接的な関係性は
あまりないんですね。

前途でもお伝えした通りカロリーは
カテゴリーとしての枠が広すぎます。

肥満にもっとも関係性が高いとされて
いるのが「炭水化物」です。

●炭水化物が肥満の原因!?

炭水化物はトウモロコシやお米、小麦など
の穀物が主な食材なのですが市販の多くの
ドッグフードにこれらが大量に使われています。

炭水化物は必要な栄養価ではあるのですが、
それほど大量には摂取するようなものでは
ありません。

大量に摂取した炭水化物は肥満の元となる
糖になり取り過ぎた分はそのまま脂肪細胞へと
変化させてしまいます。

この肥満への流れを毎日していたらどうでしょう?

もちろんドッグフードの量を減らせば肥満は
解決するかもしれませんが、その他の栄養価が
不足しますし必要以上の炭水化物を摂取し続けると
すい臓に悪影響を及ぼします。

その点カナガンは穀物を一切使用しておらず、
ほかの新鮮な食材から必要量だけ含んでいるので
栄養バランスにおいては最適です。

→→→世界中の愛犬家から支持される、イギリス産ドッグフード『カナガン』はこちら