1.カナガンはアレルギー対策として万全のドッグフードです!

カナガンはアレルギー対策として多くの愛犬家さんがご利用になられています。アレルギー症状の原因のほとんどがドッグフードが起因しているので安全なカナガンが選ばれるのは当然の結果のように思えます。とはいえ、アレルギーをお持ちの場合はどの原材料が症状を引き起こしているのかを特定しないとドッグフード選びは難しいです。

思いもよらない原材料がアレルゲンとなっていることがあるので一度動物病院でのアレルギー検査によって特定してもらえたらと思います。それでは、カナガンがなぜアレルギー対策として有効なドッグフードなのかを検証していきたいと思います。

1-1.アレルギーを引き起こす原因とは?

アレルギー症状は痒がったり、くしゃみ、下痢、嘔吐、湿疹などがありますが見ていてとてもかわいそうになります。そのアレルギーを引き起こす原因はドッグフードに含まれる添加物です。

ドッグフードには基本的には100%添加物は入っています。問題なのは添加物の質です。添加物はハーブや植物から抽出される天然由来のものと、化学物質を合成して加工された人工添加物の2つに大きく分かれますが危険なのは後者の人工添加物です。

人工添加物を毎日食べるドッグフードによって体内に取り込んでしまうと免疫細胞を傷付けてしまいアレルギーを引き起こす原因になります。危険な人工添加物の種類は主に以下のものが代表的です。

・酸化防止剤
エトキシキン
BHA
BHT

・保存料
ソルビン酸
パラオキシ安息香酸

・発色剤
亜硫酸ナトリウム
硫酸カリウム

・着色料
赤色○号など

・甘味料

上記の人工添加物が含まれているドッグフードを毎日食べさせてしまうとアレルギーを引き起こすことが確認されているので注意してください。カナガンは危険な人工添加物は一切含まれていないのでアレルギーを引き起こす心配は要りません。

1-2.カナガンが向いていないワンちゃんは?

アレルギーを引き起こすアレルゲンになりえる原材料は無数に存在しているのでカナガンも例外ではありません。カナガンはチキンを主原料としているので鶏アレルギーのワンちゃんには食べさせないようにしてください。また、関節の痛みを和らげる作用のあるサーモンオイルが含まれているのでサーモンアレルギー持ちのワンちゃんも向いていません。

1-3.アレルギーになりやすい原材料とは?

アレルギーを引き起こす原因となる添加物についてお伝えしましたが毎日食べることでアレルゲンになってしまう原材料があります。それはコーンや小麦、米などの穀物類です。特に市販の安価なドッグフードのほとんどがかさ増しするために穀物類が多く含まれています。

パッケージに載っている原材料表記の一番最初に穀物類が明記されていたら含有量が多い証拠なので要注意です。カナガンには穀物類は一切入っていないグレインフリーのパイオニア的な存在なので安心して毎日食べさせてあげられます。

1-4.最後に

ここまでカナガンがアレルギー対策としておすすめする理由についてお伝えしました。カナガンにはアレルギーの原因とされる人工添加物とアレルゲンになりやすい穀物は1ミリグラムも含んでいない安全なドッグフードです。

さらにカナガンが採用しているチキンやサツマイモ、ハーブなどの原材料は免疫力を高めてくれたり抗酸化作用があるのでアレルギー対策としては万全です。ここまでアレルギー対策として自信を持っておすすめできるドッグフードはなかなか無いのでぜひ一度カナガンをお試しになって愛犬の健康を支えてあげてください。

 

【参考】⇒ ドッグフード『カナガン』の詳細はこちら