無添加ドックフードとは

― ドッグフードの安全性と危険性

愛犬に無添加ドックフードを与えようか?
悩んでいる方はたくさんいます。

無添加と聞くと、体に良いイメージがありますよね?
でも愛犬に与えようとしている無添加ドックフードは
本当に体に良いのでしょうか?

ドックフードにも色んな種類があり、
各ドックフードに含まれている原材料はもちろん、
原材料の配合率も違います。

ドックフードの中には、愛犬に悪いものが入っている場合もあるんです…

昔、ドックフードの中に配合されている肉を、
死肉を使っていたことや、食物繊維と言いつつ
新聞紙を入れたいたということもあったようです。
もちろん、いまでは死肉を使っていたり、
新聞紙を入れていたりなどということはありません。

つまり、ドックフードの危険性を理解する必要があります。

― 無添加ドックフードとわんちゃんの健康と

無添加ドックフードと聞くと、

  • 体に良い
  • 悪いものが入っていない

というイメージが強いかもしれませんが、
いくら無添加ドックフードでも保存料は入っています…
保存料がないと、開封してしまうとすぐに腐ってしまいますからね。

いまでは無添加はたくさんの方の
注目を浴びていますが、昔は無添加などありませんよね?
でも、昔に比べ現代の方が寿命が長くなったのはどうしてでしょう。

現代の方が昔に比べ、野菜などの栄養価が下がっていますし、
添加物がたくさん入ったものも毎日のように口にしています。

そう考えると、無添加というものは
本当に意味があるのか分からなくなりますよね?

確かに、無添加か無添加じゃないかと聞かれると、
無添加ではないものの方が良いですが、
要は愛犬に無添加ドックフードを与えるかどうかは飼い主の判断です。

正直、無添加ドックフードを選ぶなら、
まずは原材料や原材料の配合率を確認する方が良いと思います。

愛犬が本来必要としている栄養素が
しっかりと含まれているドックフードを選ぶことをオススメします。

愛犬が本当に必要としている栄養価が
しっかりと含まれているドックフードなら、
長生きをさせることへつながるでしょう。

無添加ドックフードには様々な意見がありますが、
情報に惑わされずにまずは「愛犬の健康」のことだけを考えてあげてください。

その上で無添加のドッグフードが良し、と判断されたのであれば、
しっかりとワンちゃんに与えてあげて下さいね。

【参考】無添加ドッグフード