1.【知っておこう!】犬の皮膚が赤い時は病気かも!

1-1. 犬の皮膚が赤いのは皮膚炎!?

愛犬が体を痒がっていて、その皮膚が赤くなっている時は皮膚のトラブルを抱えているのかもしれません。

犬の皮膚が赤い時に考えられる病気
・ノミアレルギー性皮膚炎
・ツメダニ
・疥癬症
・膿皮症
・アトピー性皮膚炎

これらが考えられます。
下記では症状と改善策をお伝えしていきます。

1-2.皮膚病の症状と改善策

【ノミアレルギー性皮膚炎】

ノミは生物の血を吸います。そして血を吸う時に反対に唾液を生物に混入させるのです。その唾液が原因でノミアレルギー性皮膚炎になってしまいます。激しい痒みを伴うために体を掻きむしり皮膚が赤くなったり脱毛する事もあります。主に耳の後ろや背中、腰などに症状が出る事が多いと言われています。
改善策はノミの駆除薬を使用する必要があります。脱毛したり皮膚が赤くなったりした場合は別に炎症を抑える薬などが必要となります。
ノミは予防が出来ますので普段から予防薬を与える事で防げます。

【ツメダニ】

こちらはダニから起こる皮膚病です。ツメダニに刺されると激しい痒みが起こり体を掻きむしります。そして皮膚が赤くなったり分厚い白いかさぶたが出来たりします。
ダニはダニに感染している犬同士の接触などで感染してしまいます。犬の皮膚上で白いフケのようなものが動いていたらそれはダニです。他の犬に移らないように早めにダニの駆除をする必要があります。
ダニも予防が出来ますので普段から予防薬を与える事で防げます。

【疥癬(かいせん)症】

ツメダニと同じようにダニによって起こる皮膚病です。疥癬症はヒゼンダニというダニが原因となります。激しい痒みが出て皮膚が赤くなったり脱毛やフケも出ます。ヒゼンダニに感染した犬との接触によって感染する事があります。疥癬症の治療は抗生物質を使用する事が多いですが、治療期間が長くなりやすいです。他の犬や人にも感染しますので早目に治療する事が必要です。

【膿皮症】

皮膚で菌が異常繁殖し炎症を起こす事で起こる皮膚病です。常に皮膚には菌がいるのですが、加齢によって抵抗力が落ちたり、体力が低下する事によって菌が異常繁殖します。赤い発疹が出来ます。体を掻きむしる事から脱毛などを起こす場合もあります。
改善策としては薬用シャンプーで皮膚を洗い抗生物質を使用します。病状が進行すると皮膚が黒くなってしまいます。

【アトピー性皮膚炎】

主に若い犬が掛かりやすい皮膚炎です。被毛が薄くなったり皮膚が赤くなります。フケが増える事もあります。アトピー性皮膚炎は犬の体の左右対称に症状が出る事があります。体の柔らかい部分(足先や顔、耳)などに症状が出る事があります。
アトピー性皮膚炎はアレルギー反応から起こります。食べ物に限らず、ハウスダストや家の中にある物質に過剰に反応してしまうのです。アレルゲンが何なのか特定する事先決です。

1-2.まとめ

皮膚病は一度かかると治すのに時間のかかるものです。また治療中も体を掻かないように服を着せたり、舐めないようにエリザベスカラーをつける事もあります。それらは非常に犬にとってストレスになってしまいます。原因によっては予防する事も出来ますので皮膚病に掛からないように注意してあげて下さいね。

皮膚トラブルならこちらの記事もおすすめ!
→ ワンちゃんの皮膚病は食生活の見直しを!カナガンのフードが手助けできる理由とは?