犬のワクチンについて調べてみました!

犬を向かい入れるにあたって
気になるのが犬のワクチンについてですよね。
そこで、当サイトでは犬のワクチンについて調べてみたので
お話ししたいと思います。

犬のワクチンは人間のワクチンと違い
獣医によっても金額が変わってきます…

犬のワクチンにも色んな種類があります。

■犬ジステンバー

犬ジステンバーとは、犬によって死亡確率が高くなる感染症です。
どんな症状かというと、主な症状としては肺炎。
後遺症が残ってしまう可能性も高く、
腸炎などが同時に併発することも多いと言われています。

■犬伝染性肝炎

犬アデノウイルスとも言えわれていて
子犬の時期になってしまうと死亡率が高くなってしまいます。
肝臓の病気は気付きにくい面があり
気付いた時には慢性化している場合もあります。

■犬伝染性気管気管支炎

呼吸器の感染症です。
風邪の症状と似ていて、咳や発熱が起こることもあります。
症状が重くなってしまうと、肺炎を起こすことも。

■コロナウイルス性腸炎

下痢や嘔吐などが起き、感染力が強いと言われています。
犬だけではなく、人間に感染することもあります。

コロナウイルス性腸炎は、ネズミなどの排泄物から感染するので
室内で飼われている場合は
心配の必要はあまりありません。

犬のワクチンの中にも、

  • 生ワクチン
  • 不活化ワクチン

があります。
生ワクチンは、ワクチンの毒性を弱くしたものです。

しかし、生ワクチンの病原体は弱くなったものの
生きている状態なので、免疫力が高くつき、持続力も高いのですが
副作用で発熱などの何かしらの症状が出ることもあります。

不活化ワクチンは、生きていない病原体を使用しています。
副作用がほとんどないのが良い面ですが
免疫力が低く、持続力が低いのが難点ともいえます。

また、犬のワクチンには混合ワクチンが使用されることが多いんです。
そこで、混合ワクチンの内容も紹介します。

・2種混合ワクチン

=パルボウイルス、ジステンバー

・3種混合ワクチン

=ジステンバー、犬伝染性肝炎・アデノウイルス

・4種混合ワクチン

=3種混合、パラインフルエンザウイルス

・5種混合ワクチン

=4種混合、パルボウイルス

・6種混合ワクチン

=5種混合、コロナウイルス

・7種8種9種混合ワクチン

=6種混合、レプトスピラ

になるようです。
何種の混合ワクチンを打つかは
獣医師との相談になるので、参考程度にしてください。

犬のワクチンは最初にお話しした通り
獣医によって金額も違うので、
金額を知りたい際は、獣医に電話をして聞いてみるのも良いかと思います。

犬のワクチンの種類によっては副作用も違うので
ワクチンを打った日は、しっかりと様子を見てあげるようにしてください!

どんな副作用があるのか気になる場合は
ワクチンを打つ前に、獣医師に副作用について質問すると良いでしょう。

何も知らずに帰宅して、犬に副作用の症状が出たら
びっくりしてしまうので…

犬が健康に安全に生活することができる為にも
犬のワクチンは忘れずに打つようにしてくださいね!

 

【あわせておすすめの参考記事】

犬の病気について。「嘔吐」をした際のケアの緊急性と適切な対処方法について。