犬の病気の中でもよくある目の症状は?

poodl

犬によっては生まれつき病気を持っている子もいますが、急に目に異変を感じたら驚いてしまいますよね?

犬は喋ることができないので飼い主がしっかりと様子を見なければいけません。人間もそうですが、目に異変があると凄くしんどくなります…犬の病気の中で、目の病気で病院に通っている子も多いと聞ききますが、目の病気にも色んな種類があります。

 

― 目の充血・目やに

・結膜炎
犬の病気で目の中でも最も多いものが「結膜炎」です。結膜炎とは、粘膜に炎症が起きた状態。症状としてはかゆみが出てしまうので、目をこすったりという行動をします。

・ドライアイ
涙は目の表面を覆っていて、目を保護しているのですが、ドライアイは涙の量が減ることによって起こる病気です。目の表面が乾いてしまうと、角膜や結膜に炎症を起こしてしまい、目の充血やネバっとした目やにが出てしまいます。

・緑内障
緑内障は眼圧が高くなってしまい、網膜や視神経に障害が起きてしまいます。目の充血や眼の白濁などが目立ち、強い痛みが発生することがあります。

・ぶどう膜炎
ぶどう膜炎は原因を特定することが難しく、眼球の外相や細菌・ウイルス感染などで発症します。痛みや違和感で犬のまばたきの様子がおかしい場合もあります。

 

― 目が白く濁る

・角膜潰瘍
角膜潰瘍はチワワやパグなどの目が大きい犬種に良く起こる病気です。角膜に傷ができてしまった状態を角膜潰瘍と呼びます。最悪の場合は、目が失明してしまうこともあります。

・白内障
水晶体が白く濁ってしまうことで視力が低下する病気です。まだ症状が軽い時期は、発見することが遅くなってしまいます。症状が進み始めると、物にぶつかったりという行動が見られます。白内障は加齢によって起こることが多い病気ですが遺伝などで若いうちから白内障を発症することもあります。

・核硬化症
水晶体の中心部がどんどん固くなってしまう病気です。失明する恐れはありませんが、水晶体が白く濁ったように見えます。

 

― 犬の目のトラブルは飼い主がしっかりと判断してあげることが大切

kainushi_wanko

目に問題がある際は、犬の病気の可能性が高いと言えます。また、目の赤みなどがある際はアレルギーを起こしている場合もあるので病院に行かないことには必ずこの目の病気だとは言えません。

人間もそうですが、目の病気になってしまうと、生活に支障をきたしてしまいますよね?これは当然犬も同じです。犬の病気で主に目の病気が早く分かれば重症化して失明するなどということもありませんし、早く完治させてあげることもできます。

犬はメガネをかけることもできません。
犬の目がいつもと違うと感じた際はすぐに病院に行くことをおすすめします。犬の様子がいつもと違うというのは飼い主さんが1番敏感に分かるはずです。少しでも違和感を感じた場合は、すぐに病院に行くことが良いのですが病院が開いていない際は、こまめに様子を見てあげてくださいね。

犬の1日は人間の4日分です。

最後まで犬と一緒に楽しい生活が送れるように犬の病気に家族みんなで気を付けてあげてください。

 

【関連記事】

犬の白内障の予防方法はあるの?