1.犬の目の病気の症状と解消法

1-1.犬の目の病気の症状

最近、愛犬の目やにや涙が気になる場合には、目の疾患にかかっているのかもしれません。犬は視力があまり良くはないですが、目の疾患は失明も考えられる怖いものが多いのです。少しでも目の様子がおかしいと思ったらすぐに獣医さんに相談しましょう。

目の病気

【結膜炎】目やにが多い / 白目が充血 / 涙が溢れる / 結膜が赤っぽくなる / 目を気にする
【角膜炎】目やにが多い / 眼球が白っぽく濁る / 目を気にする
【眼瞼炎】目やにが多い
【白内障】眼球が白っぽく濁る
【緑内障】目を気にする
【逆さまつげ】涙が溢れる
【涙管狭窄】涙が溢れる

1-2.犬の目の病気の改善策

【結膜炎】

点眼薬や軟膏で治します。異物混入かアレルギー、ウイルスなどの感染で起こる場合があり原因を特定する事が必要です。

【角膜炎】

失明の危険性がある場合には手術が必要となります。高地や日差しの強い地域、またドライアイなどから疾患になるケースが多いとされています。目に刺激を与えすぎないように、ドライアイに注意をする必要があります。

【眼瞼炎】

上瞼や下瞼が傷ついたりして炎症を起こしてしまったものです。真菌や寄生虫、ドライアイ、角膜炎、結膜炎などが原因で起こる事もあります。

【白内障】

水晶体が白く濁ってしまうものです。遺伝以外では、糖尿病や低カルシウム血症から引き起こされたり、ジニトロフェノール(防腐剤・除草剤・現像液)やナフタリン(防虫剤)、感電事故によって引き起こされる事があります。有害なものは遠ざけるようにしてあげましょう。

【緑内障】

眼圧が上昇し視野が狭くなります。ブドウ膜炎や前房出血などの疾患から引き起こすことがあります。遺伝が非常に多い疾患です。失明も考えられるので日々目のチェックをし、早期発見が必要です。

【逆さまつげ】

まつげが目に入り目を傷つけています。酷い逆さまつげの場合には外科的に抜く事も治療の1つにあります。

【涙管狭窄】

涙管がつまり本来体内に戻るはずの涙が溢れてしまう病気です。涙やけにもつながるものです。添加物の入っていないフードに変える事で症状が緩和されるケースが多く報告されています。

1-3.まとめ

一度失明してしまったらもう治せません。目の病気はほとんどが動物病院でしか治すことが出来ません。早期発見する事によって早期治療と繋がります。また、遺伝も多く、飼い主さんが気をつけていても目の病気にかかる事もあります。日ごろから愛犬とアイコンタクトをして目の様子をチェックしてあげましょう。

【他にもまだある目のまわりのトラブル】
→ 涙やけ対策ならわんちゃんの食の見直しを!カナガンが有効な理由とは?