犬の白内障の予防方法を探している方へ

犬も人間と同じで白内障になることがあります…
しかし、犬は人間のように
「見えにくい」と言うことができません。

いつも一緒にいる飼い主が
犬の様子に気づいてあげることが大切なんです。

例えば、目が濁っているように見えたり
散歩中にフラフラしてたり
床に落ちた小さいおやつを見つけることができなかった場合は
注意が必要だと感じます。

白内障の予防方法ですが
完璧に犬の白内障を予防することは難しいと思います。

白内障の中にも

・先天性の白内障
・遺伝性の白内障
・外傷性白内障

などがあります。
白内障にも様々な種類があります。

しかし、白内障の予防方法はありますが
歳をとるごとに白内障になる確率は高くなります。

白内障の予防方法で1番大切なことが
早期発見・早期治療です。

白内障の症状が進行してしまうと
最悪な場合は失明してしまうこともあります。
失明してしまうと、いままで出来ていたことができなくなってしまい
犬にも大きなストレスを与えることになってしまいます。

少しでも、目が濁っていたり
ちゃんと見えているのかな?という考えが少しでもあるのなら
すぐに獣医に連れて行くことをおすすめします!

早期発見・早期治療で
症状を遅らせることが出来ますし、
いま以上に症状が進まないようにすることもできます。

また、飼い主や獣医さんによっては
白内障の予防の為に点眼薬を処方することもあります。

犬の健康状態や、白内障の症状によっては
外科手術をすることもあります。

どんな場合に外科手術を行うのかというと
過熱白内障という状態に進行してしまって
網膜剥離を引き起こす可能性がある場合に手術をします。

水晶体を取ってしまうので
人工的に作られたレンズを付けることもあるようです。

白内障と診断された際
白内障の進行を遅らせるサプリメントもあります。
白内障の進行を遅らせるサプリメントは
獣医で相談すれば処方してくれるので1度相談してみてください。

また、白内障になりやすい犬種もいます。

・パグ
・ボーダーコリー
・シェパード
・シュナウザー
・ラブラドールレトリバー
・ビーグル
・アメリカンコッカスパニエル

などの犬が白内障が起こる確率の高い犬種です。
必ず白内障になるというわけではありませんが
知っておいて損はないと思います。

白内障の症状に気付くことができるのか不安な方もいるかと思います。
そんな方はインタネットで検索してみてください。

白内障になるとどんな目になるのかなど
知ることができます。

初期段階の写真もあれば、症状が進行した際の写真もあります。
インターネットにはたくさんの情報があるので
是非活用してみてくださいね。

実際にいま白内障になっている犬がいるご家庭は
少しでも症状を遅らせることができるように
定期的に獣医を受診してくださいね!

獣医を定期的に受診することで
お金の負担もあります。
しかし、犬も大切な家族です。
最期までしっかりと見てあげてください。

失明したストレスで
健康状態も悪くなってしまう子もいるので
安易に考えないようにしましょう。

 

【目の健康に関する関連記事】

涙やけ対策ならわんちゃんの食の見直しを!カナガンが有効な理由とは?