犬のアトピーについて

犬の人間と同じように、アトピーを発症することがあります。産まれつきアトピーがある子もいれば大きくなるにつれて、アトピーが出始めた子もいるかと思います。そこで今回は、犬のアトピーについて調べたのでお話ししていきたいと思います。是非、参考にしてみてください。

犬のアトピーってどんな症状?

犬のアトピーの症状は、

  • 痒み
  • アトピー部分の乾燥
  • アトピー部分を舐める
  • ただれ
  • 結膜炎
  • 外耳炎

などが挙げられます。

中でも1番多い症状は痒みです。血が出るほど、掻いてしまったりとアトピーの症状が重い子からすると、とても辛い症状です…

そして、犬のアトピーの原因としては遺伝やアレルギー反応を起こしやすいアレルゲンなどです。遺伝についてですが、犬種によってはアトピーが遺伝しやすい犬種がいます。

  • ダルメシアン
  • ゴールデンレトリバー
  • ブルドッグ
  • ボストンテリア
  • シュナウザー

などなど。

また、アルゲンは

  • ほこり
  • ダニの死骸
  • フケ
  • 花粉
  • 薬品

などがあります。

アトピーになってしまった子によって原因は様々ですが1番多いのが生活環境だといれています。アトピーを持っている犬は、健康な皮膚を持っている犬に比べ皮膚がとてもデリケートです。生活環境を改善することでアトピーの症状が軽くなる場合もあります。

生活環境の改善がどんなものかというと、ダニの死骸やほこり・花粉などと極力触れさせない為に部屋の掃除や犬小屋の掃除をこまめにすることが必要です。また、ほこりなどはある程度目を凝らせば目視することができますが花粉などは中々目視ができません…そんな場合は、空気清浄機などを使用することをおすすめします。

 

生活環境の改善は、犬にとっても人間にとっても良いことではありますが犬のアトピーの完治を目指している方はまずは犬が何に対して反応しているかを知ることが大切です。獣医で検査をすればどんなアレルゲンに対して反応するかが分かります。そのデータを参考にして獣医さんと今後の治療方法を相談してください。

 

アトピーの治療方法は様々で基本的には炎症を抑える為に、ステロイドや抗ヒスタミンなどが投与されることが多いようです。しかし、ステロイドも抗ヒスタミンもどちらも副作用があるので注意してください。

残念ながら副作用が一切ないと言い切れる治療薬は現在の技術でないので、100%大丈夫とは言いにくい側面もありますが、薬が処方される前に、獣医さんとしっかりとお話しして、節度圧使い方をしていくことがることが大切です。

アトピーで辛い思いをしているのにアトピーを治療する薬で副作用が出てしまうともっと可哀想です…また、アトピーの完治は難しく時間や手間がかかるとも言われていますが根気よく頑張れば、犬のアトピーは完治に近い状態まで近づけてあげることができます。

大切な愛犬の為に飼い主がしっかりと正しい方法で薬を使用して辛さから解放してあげてください!

 

【参考】愛犬のアトピーでお悩みでしたら、薬ほど体に負担のかからないペット専用化粧水で今注目のアヴァンスもおすすめ!
完全無添加のワンちゃん用化粧水【AVANCE(アヴァンス)】

最期に、いま犬に使用しているシャンプーなどを見直してあげてくださいね。シャンプーに配合されている成分の中には皮膚に良くない成分が配合されている場合があります。化学的な物質に対して反応してしまう子もいるので自然派のシャンプーを使用するようにしましょう!