犬の耳の病気ってどんなものがあるのか?

犬の耳の病気について調べてみたので
紹介させて頂きます。

犬の耳の病気で悩んでいる方や困っている方はたくさんいます。
毎日、耳のチェックを行っている場合は
早目に犬の耳の病気に気付くことができますが
中々、気付くことができなかった場合は、症状がひどくなっている場合もあります。

では、犬の耳の病気には、どんな病気があるのでしょうか?
調べてみました!

■耳疥癬・耳ダニ

耳を血が出るまで掻き毟ってしまったり
頭を壁にこすりつける・頭を振るなどの行動があり、ひどい痒みを伴う。
耳の中に黒っぽい耳垢がたまってしまい、嫌なニオイがする。

■自血種

片耳だけに起こることが多く、耳がかなり腫れてしまう。
原因は怪我などでも起こりますが
免疫性の疾患を持っている子に起こりやすい。
耳が大きい犬種がなりやすい。

■外耳炎

嫌なニオイのする黄色っぽい耳垢が溜まる。
綺麗に拭いてあげてもどんどん出てくる為、ただれる場合もある。
何度も外耳炎を発症してしまったり、しっかりと治療をしてあげなければ
炎症が広がり、聴覚障害が起こることもある。

痒みはありませんが、ひどい痛みがある。
場合によっては熱が出ることも…
症状が改善されないと、どんどん悪化してしまい
難聴になることも…

■内耳炎

内耳炎の炎症が発生している場所によって症状が違う。
例えば、聴覚の神経の近くで内耳炎が起こると難聴になってしまったりと
起こっている場所によって症状が違うのが特徴。
内耳炎の症状がひどくなってしまうと、歩くことができなくなることも…

そして、犬の耳の病気で良く目につくのが
マラセチアというもの。
聞いたことがありますか?

マラセチアは外耳炎の原因になることもあります。
マラセチアはカビと同じ種類で
抵抗力が下がった際に問題を起こしてしまいます…

マラセチアになってしまうと
黒っぽい耳垢が溜まってしまい、ニオイは凄く特徴的です。
マラセチアの症状はひどい痒みを伴い
耳を掻き毟ってしまう子が多いんです。

その為、耳の皮膚が傷付いてしまって
そこから菌が入ってしまい二次感染を起こすこともあります。

痒みが続いた後は、痛みに変わることが多く
獣医で耳を見る際に凄く抵抗する子もいるので
黒っぽい耳垢が溜まっている場合は早急に獣医に行くようにしてください。

マラセチアが起こりやすいのが
梅雨や水遊び・シャンプーなどです。
マラセチアは湿気を好むので気を付けてください。

最期に、マラセチアになりやすい子は皮脂の分泌が多い子です。
マラセチアは湿気以外にも皮脂を好む性質があります。
皮脂が多い子は、食事を見直すことで皮脂の過剰分泌が
抑えられることもあるので是非試してみてください!

以上が犬の耳の病気です。
詳しく説明するともっとたくさんの種類があるようですが
基本的に良く見られるのが以上の病気です。

犬の耳の皮膚などは、人間よりも敏感で弱いので
出来る限り毎日定期的にチェックしてあげるのが良いでしょう。

犬の耳の病気は安易に考えずに
しっかりと完治するまで治療を続けてくださいね。

 

【愛犬の皮膚に関する関連記事】

ワンちゃんの皮膚病は食生活の見直しを!カナガンのフードが手助けできる理由とは?