血尿が出ると、犬の病気を疑う必要があります

― 血尿放置、ダメ。絶対。

 

dog_wc_img

いつも通り過ごしているのに、尿を見ると血が混じっていませんか?

それは血尿です。

当たり前の事かと思いますが血尿が出た際「・・・たぶん、大丈夫?」といった判断をして放置するのは危険です。血尿は「体調を崩しているサイン」。犬の病気を疑う必要がでてきます。

血尿の種類と原因とは?

血尿は大きく分けて2種類あります。
赤血球が入っている赤血球尿と、赤血球の血色素が混ざった血色素尿です。

― 赤血球尿

赤血球尿は体の中で血管が破れてしまい腎臓を通って尿に混ざった状態のことです。1番多いのが尿路での出血。メスの場合は子宮や外陰部からの出血を疑うことが多くオスの場合は前立腺からの出血をまずは疑います。

どんな病気があるのかというと

  • 腎臓結石
  • 膀胱結石
  • 尿道結石
  • 尿管結石

などが挙げられます。

結石はカルシウムなどが塊になってできてしまいます。他には細菌感染で炎症が起きてりう場合もあります。

  • 膀胱炎
  • 尿道炎
  • 前立腺炎

などです。

他にも腫瘍などが原因で血尿が起こる場合も多いようです。

 

― 血色素尿

赤血球が壊れてしまうと、血の中のヘモグロビンの数値が高くなります。血の中にあるヘモグロビンは、腎臓と膵臓の働きで処理を行おうとするんですが、ヘモグロビンの数値が高いと、腎臓と膵臓の働きが間に合わなくなってしまうんです。働きが間に合わなくなってしまうと尿にヘモグロビンが混ざってしまうことがあります。

血色素尿で良くある犬の病気としては

  • 免疫介在性溶血性貧血
  • 寄生虫
  • タマネギ中毒

などが原因の場合があります。

血尿は病院で見てもらうという選択肢を。近隣の病院は調べておきましょう。

doctor

しかし、素人の判断ではどちらの血尿が分かりませんね?判断は凄く難しいと思います。そんな場合は、すぐに病院を受診するようにしてください。
痛がる様子がなかったとしても症状が進んでいる可能性も非常に高いです。

病院に行き、血尿をしていることを伝え、犬の病気なのかどうかを聞けば検査をしてくれます。

まずは尿検査をします。尿検査だけでは完璧に犬の病気かどうかが分からないのでエコー検査やレントゲンを撮ることもあります。結石の場合はカルシウムの塊が原因なことが多いのですが犬の病気ではリン酸系の結石が多いようです。結石と診断された場合は、薬を処方される場合もありますが食事療法で治療をすることもあります。

しかし、犬の病気の治療費は馬鹿になりません…

結石の検査や治療だけで数万円は軽くしてしまうでしょう。犬の病気は犬本人にも負担がかかってしまいますが飼い主にも大きな負担になってしまいます…いまでは様々なペット保険もありますし犬の病気に備えてペット保険に入っておくことが無難です。
ペット保険もそれほど高額な金額にはなりませんし、犬に病気でかかる費用が心配な飼い主はすぐにでもペット保険に入るようにしましょう。私の周りで、

  • ペット保険に入っていなくて犬の病気に為に手術をしたら凄い金額になった…

という声を聞いたこともあります。

その点、ペット保険に入っている知り合いの場合は

  • お金の負担も少なく心配なことがあったら気軽に病院に行くことができる

と話していました。

犬も大切な家族です。

お金がかかってしまうのは大変なことですが、生涯元気に過ごすことができるように血尿はもちろん、病気の気配を感じた際は病院に連れて行ってあげてくださいね。

 

【関連記事】

愛犬の肝臓の数値が高い場合?適切な処置をすることがワンちゃんの寿命に直結します。