カナガンは腎臓にやさしいドッグフードなの?

カナガンは腎臓に不安や病気を抱える
わんちゃんでも安心して食べさせて
あげられるドッグフードなのでしょうか?

腎臓は生きていく上でとても重要な役割を
果たしている臓器の一つです。

腎臓の機能を全て失われる腎不全だけは
なんとしてでも食い止めておきたいところです。

もし、腎臓に異常が見られたとしたら
ドッグフード選びにはさらに慎重に
ならなければいけません。

カナガンは栄養バランスがとても優れた
総合栄養食として全てのライフステージに
対応しているドッグフードです。

なので、腎臓に負担を掛けたくないのでしたら
カナガンは最適のドッグフードといえるので
おすすめです。

●腎臓病の下地となる症状とは?

腎臓病はほとんどの場合いきなり発症するような
病気ではありません。

なので、腎臓に異常が出る前に発症しやすい
疾患が最初に症状として現れます。

疾患の症状が現れるので事前に腎臓病の
予防にもなるのでぜひ知識として取り入れてください。

腎臓病の下地となる代表的な疾患は以下の2つです。

  • 糖尿病
  • 高血圧

糖尿病は細かい血管の障害が起こりやすく、
高血圧は動脈硬化を引き起こしやすい特徴
があります。

また、2つとも腎臓病の危険因子となるので
予防と対策をしっかりすることによって
腎臓の異常を事前に防ぐことができます。

●腎臓病をいち早く見つけるには?

愛犬が腎臓病に掛かってしまった方の話を聞くと
主に定期健診での尿検査によって発見した例が
多かったです。

つまり、いち早く腎臓病を発見するには
尿検査を定期的にすることです。

また、慢性の場合だと末期に近くなるまで
自覚症状が出にくいのでそれを踏まえると
やはり定期的な尿検査が重要だということが
言えます。

●腎臓とカナガンとの関係性について

カナガンは前途で栄養バランスの優れた
総合栄養食だからおすすめですとお伝え
しました。

ですが、カナガンは高タンパク質だから
腎臓に負担が掛かるという意見も中には
あるようです。

私も最初はそうかもと納得しそうになりましたが
よくよく考えてみるとそこには相手の理解不足が
あったことに気付きました。

たしかに高タンパク質は腎臓に負担を掛ける
というのは一理ありますが、それはあくまでも
摂り過ぎた場合です。

あともう一つあってどんなイメージを抱いて
高タンパク質と言っているのかということです。

高タンパク質と聞くとタンパク質が究極的に
含まれているというようなイメージを抱きやすいです。

ですが、カナガンは普通に必要な分量のタンパク質が
含まれているだけなので安心ですよ。

●最後に

ここまでカナガンと腎臓についてお伝えして
きましたがいかがでしたか?

今回の記事で腎臓病の下地となる2つの疾患
「糖尿病」、「高血圧」これらを引き起こす
大きな要因は一般的に販売されているフード
だということはあまり知られていません。

現在販売されているほとんどのフードには
糖尿病や高血圧を引き起こしやすい消化器官
にダメージを与える穀物が大量に含まれています。

カナガンはその穀物を一切含まれていない
グレインフリーなので腎臓病の予防と対策
という意味では優秀なドッグフードと言えます。

お宅の大切な愛犬がいつまでも長生きして
もらうためにも、ぜひ一度カナガンを検討
してみてください。

→→→世界中の愛犬家から支持される、イギリス産ドッグフード『カナガン』はこちら