カナガンは心臓病持ちの犬でも安全なのか?

カナガンは果たして心臓病の予防・対策に
効果はあるのでしょうか?

近年では小型犬の人気が高いということで
多くの愛犬家の方がおられます。

なんたって可愛いですからね。

ですが、小型犬がゆえに消化器官が他の
わんちゃんと比べて小さいので心臓病などの
病気に掛かかるリスクが高い傾向にあります。

なので、食管理が全て任されている飼い主の
ドッグフード選びは慎重でなくてはいけません。

そこで注目なのがカナガンです。

カナガンは獣医師さんもおすすめしている
ドッグフードなので心臓病に対してきっと
良い影響を及ぼしてくれると期待が持てます。

ですが、カナガンは良い評判しかあまり
聞かないので逆に心配です。

なので、ここではカナガンは心臓病の予防・対策に
本当に効果的かどうかをしっかりと検証していこうと
思います。

●心臓病持ちのわんちゃんの反応は?

不幸にも心臓病に掛かってしまわれたわんちゃんが
おられました。

そこでカナガンを実際に試してみたわんちゃんの
反応についてこれからお伝えしますね。

わんちゃんが心臓病に掛かってしまうと
多くの場合は獣医師さんからドッグフード
選びには気をつけるように指示されます。

そこで、その飼い主さんは色々なドッグフードを
試してみた結果、カナガンが明らかに見て分かる
ぐらい元気になってくれたという感想をおっしゃって
おられました。

カナガンを試す前と後の写真を私も実際に
見ましたが毛なみや量、質、目つきなどは
明らかに違っていて試す後のほうがとても
健康的に見えました。

その後の経過は体調の良い状態をずっと維持している
みたいで今でも元気に走り回っているそうです。

心臓病に掛かってしまうと治すのは困難なので
望みはいつまでも元気でいてくれるかどうか、
それが希望だと飼い主さんはおっしゃっていました。

●心臓病に掛かる原因とは?

心臓病に掛かる原因として大きな一因となるのが
臓器機能の低下と消化器官の異常の2つです。

この2つが引き起こす最初の下地となるのが
肥満や高血圧、糖尿病といった心臓病の予備軍です。

これらの予備軍にならないように適切なフードを
与えることが飼い主の大きな役割です。

●心臓病を引き起こす食材とは?

臓器機能の低下と消化器官の異常を引き起こす
危険因子となる食材というのが「穀物」です。

穀物には主に炭水化物が多く含まれていて
多量に摂取すると臓器機能と消化器官に悪影響を
及ぼします。

炭水化物は必須の栄養価ではあるのですが、
市販のドッグフードのほとんどが炭水化物を
主の成分とする穀物が必要以上に含まれています。

穀物はコスト削減にとても有効なので安く買えるから
いいのですが、その一方で心臓病などの健康被害の
リスクも高まるので注意してください。

ちなみに炭水化物は穀物だけに含まれている訳ではないので
安いからという理由だけで穀物を多く含むドッグフードを
選ぶのはわんちゃんのためにもあまりおすすめできません。

●カナガンが心臓病の予防・対策に効果的な理由とは?

カナガンには心臓病を誘発させる穀物は
一切使用しておらず炭水化物も必要以上に
含まれていません。

だから安心して心臓病持ちのわんちゃんでも
毎日食べさせてあげられます。

また、全犬種と全ライフステージに対応しているので
多種類のわんちゃんを飼われている場合でも手軽に
与えてあげられますよ。

さらに、カナガンはペットフード協会から
栄養バランスが優れているという証明でもある
総合栄養食にも認定されているので安心です。

心臓病予防と対策でドッグフード選びに迷われている
のでしたらカナガンを第一候補としてぜひ検討してみてください。

→→→世界中の愛犬家から支持される、イギリス産ドッグフード『カナガン』はこちら