カナガンとアレルギーの関係性について

カナガンとアレルギーの関係性について
ここではご紹介していきます。

カナガンに使用されている原材料は全て人間でも
安心して食べられるほど高品質で新鮮なものを
厳選されています。

さらに食いつきの良いお肉(チキン)が50%以上の
割合で含まれているのでパクパクと食べてくれますよ。

ですが、「チキンアレルギー持ち」のわんちゃんに
とっては危険な一面もあります。

なのでチキンアレルギー持ちのわんちゃんには
決して食べさせてはいけません。

また、チキンアレルギー持ちではなくても、
永続的に食べ続けるとチキンアレルギーに
なってしまうこともありえます。

実はアレルギーって蓄積されることによっても
引き起こしてしまう原因ともなりえるんです。

これは牛や豚、魚を主原料としているドッグフードの
全てにおいて当てはまることです。

なので同じ種類のドッグフードを永続的に
食べ与えることはあまりおすすめしません。

わんちゃんの食べっぷりや体調などの様子を
見ながら定期的にドッグフードを切り替えて
あげることが重要となります。

そのためにもわんちゃんとはいつもスキンシップを
絶やさないということも大事になってきますね。

続いては犬アレルギーの症状についてお伝えします。

●アレルギーによる症状

わんちゃんにも人間と同じようにアレルギーを
引き起こすことがあります。

下記の症状をチェックすることで予防や対策に
役立つのでぜひご覧になってください。

  • 痒がる(かゆがる)
  • くしゃみ
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 湿疹
  • 口臭

など様々な症状が見られます。

その中でもっとも多く見られるのが
痒がる(かゆがる)症状です。

程度にもよりますが血が出ているにも関わらず
ずっと掻き続ける場合は要注意です。

そういった場合はすぐに獣医師さんに
診てもらってください。

●アレルギーを引き起こす主な原因

冒頭のほうでも少しお伝えしました同じドッグフードを
ずっと食べ与えることでもアレルギーを引き起こす
ひとつの原因になります。

ですが、アレルギーを引き起こす原因として
もっとも有力視されているのが「人工添加物」です。

人工添加物とは人工的に意図して作られた
化学物質のことです。

実は市販で安く販売されているドッグフードの
多くは人工添加物が大量に含まれています。

人工添加物を使うことによって腐りにくく配合が
容易なので生産効率はかなり上がるそうです。

なので一部の業者は人工添加物を好んで使っています。

もちろんこちら側にとっても安く買えるという
メリットがあるのですがアレルギーを引き起こす
リスクもあるということは覚えておく必要があります。

●人工添加物の代表的なもの

  • 酸化防止剤
  • 保存料
  • 着色料
  • 発色剤

など。

ドッグフードの閲覧ページによっては人工添加物や
無添加など表現が様々です

添加物については専門性が高いので
消費者側にとっては少しややこしく感じます。

なので、続いては無添加の表記についての注意点を
解説していきます。

●無添加の表記についての注意点

無添加と表記されているとなんか安心できる
食品というイメージを感じませんか?

ですが、無添加と表記されているイコール
添加物を使っていないという訳ではないので
注意してください。

例えば「着色料無添加」「保存料無添加」といった
表記の場合だと、一方では酸化防止剤は使っている
可能性があるということも言えます。

ですので、ドッグフードを選ぶ時は人工添加物不使用
といった大きなくくりで表記していれば安全です。

その点カナガンは人工添加物を一切使用していない
ドッグフードなので安全ですし獣医師さんも薦める
ほどなのでおすすめですよ。

人工添加物を使っていないドッグフードに変えたら
体調が悪かったわんちゃんが元気を取り戻してくれた
という例はたくさんあるのでドッグフード選ぶ際には
ぜひ人工添加物不使用のものを与えてあげてください。

→→→世界中の愛犬家から支持される、イギリス産ドッグフード『カナガン』はこちら