愛犬の食事のカロリーについてお話します

too_fat_dog

愛犬の食事に気を使っている飼い主はどれほどいるのでしょうか?

何も考えずに、欲しがる時に食べるだけ与えている飼い主もいれば、愛犬の健康の為にカロリーを考えて、しっかりと管理している飼い主もいます。

どちらが良いと思いますか?

答えは明確ですよね。
しっかりと管理している飼い主が正しいんです。

まず愛犬の肥満についてですが、しっかりと管理をしてあげないとどんどん肥満が進む一方です。愛犬が肥満な場合は、この機会にダイエットをしてみてはいかがでしょうか?愛犬のダイエットは難しいと思われがちですが案外簡単なんです。

要は飼い主次第!

極端に言えば、愛犬は人間のように自分で冷蔵庫を開けることもなければ買い物に行くこともありません。愛犬のダイエットが成功できるかどうかは飼い主のやる気次第で変わってくるんです。そのため、愛犬の健康を思って、しっかりと管理をしてあげたいと思うなら、いまからすぐにでも取り掛かれば良いわけです。

kainushi_wanko

犬種によっては、必要とするカロリーが違うのはあなたの愛犬の標準体重と1日にどれぐらいのカロリーが必要なのかを調べてみてください。愛犬の食事はドッグフードを与えている飼い主が多いかと思うのですがドッグフードの裏面を見るとカロリーが表示されているはずです。それを参考にして、カロリーを管理してあげれば肥満から脱却することができます。

しかし、急激に少ないカロリーにしてしまうのは良くありません。愛犬に大きな負担になってしまうのでまずは少しずつカロリーを調節していってください。

sanpo_wanko

また、ドッグフードのカロリーを管理するだけでは駄目です。散歩もしっかりとさせてあげてください。なお、おやつを与えるのも禁物ですよ。おやつを与えるぐらいなら、いつも食べているドッグフードをおやつ代わりとして与えるようにしましょう。

最後に、老犬で以前のように食事が食べられないという場合は、カロリーが高いものを与えることが良いでしょう。カロリーが高いものなら、少量しか食べることができない愛犬にも多少のカロリーは摂れるので何も食べないよりも良いからです。高カロリーで且つ高栄養、消化が良く、少量でタンパク質や脂肪、ビタミンが取れるものがベストですね。また、子犬用の離乳食や犬用のミルクも良いと言われています。老犬用の流動食も販売されているので試してみてください。なお、老犬のドッグフード選びでお困りの際は、以前書かせて頂いた「シニア犬のドッグフード選びの決め手とおすすめのフードとは?」という記事が参考になるかと思いますので、よろしければご参照ください。

食事が食べれずに、栄養が摂れないとなるとどんどん衰弱してしまいます…衰弱しない為にも、カロリーが高く食べやすいものを探して与えることが1番。

なお、飼い主の中には、カロリーメイトのドリンクタイプを舐めさせている方もいるくらいです。素人の判断で愛犬に飲ませるのは少し不安なのでまずはかかりつけの獣医に相談してみるもの良いと思います。獣医で相談をすれば、カロリーが高く、老犬でも食べやすい食事を提案してくれることでしょう。

どうしても愛犬が自分の口から食べてくれない場合はスポイトなどを使用して口に入れてあげるのも一つの方法となりますので、よろしければご検討下さい。老犬の時期は何かと心配ですがいまできることは何でもしてあげてくださいね。愛犬にも飼い主の気持ちが伝わるはずですから。

 

【関連記事】

愛犬が肥満気味だという方向け、おすすめの「5選」肥満対策ドックフードについて