1.アトピー持ちのわんちゃんのおすすめのドッグフード

1-1.アトピーがなぜ発症してしまうのか?

最近は人間同様にアトピー持ちのわんちゃんが増えてきています。なぜ、わんちゃんもアトピーになってしまうのでしょうか?犬のアトピー性皮膚炎は、アレルギーの原因になるアレルゲンが呼吸器や皮膚を通して体内に侵入してしまい、そこから起こってしまいます。
発疹や痒み、乾燥やただれ、そこから結膜炎や膿皮症外耳炎などに移行してしまいます。遺伝的要素からもアレルギー体質になりますが、花粉やダニ、ほこりやカビ、フケなどもアレルギーが発症してしまう原因として挙げられます。また食事内容も食材によってアレルギー反応が出てしまうわんちゃんもいるので確認が必要となってきます。

1-2.アトピー疾患があるわんちゃんにとって良いとされているドッグフードは?

アトピー疾患があるわんちゃんにとって、良いとされているドッグフードがあります。まずはそれらのドッグフードをご紹介したいと思います。

【とにかく無添加なドッグフードを選んでください】

犬の主なアレルギーの原因として挙げられるのものはドッグフードに含まれている添加物だといわれているのをご存知でしょうか?添加物は科学的に作られ、日持ちを良くしたり、食材をきれいに見せるために入れられたりします。これらはドッグフードの中に添加され、愛犬の口の中にはいることとなるのです。人工的に作られた添加物は、動物が本来必要としている栄養素とは違います。大量の油で香り付けをされたり油が酸化しないために入れられた保存料や着色料、人工的に加えられた栄養素は人間にとっては都合の良いものかもしれませんが動物の健康にとっては不必要なものですよね。これらをずっと取り続けることで犬の自然治癒力や代謝力がどんどん低下してしまいます。ですから、このような添加物が入っていないドッグフードを選んで与えてあげることが愛犬の健康を維持するためには必要となってきます。

【食材にこだわりを持ってドッグフードを選んであげてください】

こちらで『食材』と書かせていただきましたが、「どんな食材を使って作られているかなんてわからないわよ!」という方もいらっしゃると思います。ぜひ、ドッグフードをご購入する際にパッケージの裏を見てみてください。そちらに成分表や食材などがすべて書かれてあります。人間のものと同様に一番多く含まれているものから記載されていますのでぜひ注意深く見ることをおすすめします。食材の中でもミール系(栄養価の低い肉の副産物)のものが入っているもの、またかさ増しのために、動物性のたんぱく質ではなく、小麦などの雑穀類が多いもの、アレルギーを誘発してしまう、グレインが入っているものなどはぜひともやめていただきたいです。やすい食肉(ミール系のもの)を使っていれば、やはり、栄養価はとても低いですし、健康には悪影響が出ます。犬は本来肉食動物ですので、雑穀類が多いとどうしても消化器系に負担がかかってしまいますのでやはり健康的には良いとはいえません。またアレルギーを誘発してしまうことが多いです。人間が食べても健康に害が出ないヒューマングレードの食材で作られたものは安心できますし、消化吸収の良い良質な材料にこだわっているドッグフードは、アレルギー疾患がある子に限らず、どのわんちゃんにとっても良いものだと考えられます。

1-3.まとめ

今回はアトピー持ちのわんちゃんのおすすめドッグフードについて書かせていただきましたがいかがだったでしょうか。添加物が入っていないもの、食材がしっかりと吟味され、雑穀類がはいっていないものなどがよいという事がわかっていただけたかと思います。ドッグフードは安価なものが好まれますが、やはり安価ですと、それなりものもが多いように思われます。毎日の食事からぜひ愛犬の健康づくりをしてあげていただきたいと思いますので、ドッグフードをご購入するときはぜひ裏にかかれているものを見てご購入することをおすすめいたします。

【アトピートラブルでお悩みならこちらの記事も】
→ 犬のアトピーの治療方法は?完治できる?その方法は??