1.犬の飼い方(犬の寒さ対策とは?)

1-1.犬の飼い方(寒さ対策)

犬は毛皮を着ているので寒さには強いと思われがちですが、寒さに弱い犬も多いんです。そして最近では室内飼いという事で、一年中過ごしやすい気温で生活しているので気温の変化に弱くなっている事も考えられます。特に幼犬や老犬は体温調整が上手ではないので寒さにも気をつけてあげましょう。

  • 暖房器具を使う
  • 洋服を着せる
  • ケージを工夫する
  • 犬用ヒーターを使う

これらを併用して愛犬に寒さを感じなくて済むように、快適に過ごさせてあげましょう。

【暖房器具を使う】

暖房やヒーター、ストーブなどをつけます。これは通常飼い主さんが一緒にいる時は着けると思いますが、お留守番の時もエアコン(暖房)をつけてあげる事を考えましょう。ただ、あまり暑すぎると犬も体調不良になってしまいます。適温を保ってあげましょう。暖房をつけている時は乾燥もしますので適度な加湿も必要です。飼い主さんと一緒にいる時のストーブやヒーターなども犬が近付けないようにサークルをするなどしてあげて下さい。犬は興味本位で近づき火傷する事も多いのです。

【洋服を着せる】

最近では犬用の洋服もたくさん販売されています。その中でもフリース生地や毛糸などで作られた洋服が冬には販売されています。特に冬場の散歩には洋服を着せてあげましょう。暖かい室内から急に冷えた場所へ出る事で犬も体調不良に陥りやすいです。

【ケージを工夫する】

普段からお留守番や寝る時にケージで過ごしている子には、ケージを工夫してあげましょう。壁とケージの間に段ボールを挟んだり、ケージに毛布を掛ける事で保温効果が見られます。そしてケージの中にも小さな毛布やブランケット、フリースなどを一緒に入れてあげる事で犬は寒さをしのげます。犬は毛皮を着ていますが、お腹の皮膚は薄くて冷えるのです。

【犬用ヒーターを使う】

犬用のヒーターが販売されています。これをケージや普段愛犬が過ごす場所に置いてあげましょう。ケージに入れる場合にはヒーターから逃げられる場所も必要です。クールダウンが出来ないと犬の体温は上昇したまま下がらず辛い思いをさせてしまいます。そしてこのようなヒーターは電源式なので歯が強くなんでもかじってしまう子の場合には向いていないかもしれません。

1-2.まとめ

犬を飼っていると夏場の事を気にする飼い主さんは多いですが、実は寒さにも弱い子が多いんです。愛犬が寒さで震える事のないように冬場の飼い方にも良く気をつけてあげて下さいね。

【合わせて読みたい関連記事】
→ 室内犬の暑さ対策はどうすれば?飼い主が注意すべきことまとめ