1.犬が舌なめずりをする理由

1-1.犬のカーミングシグナルについて

犬には自分の気持ちをカーミングシグナルで表します。ボディーランゲージのようなものと理解すると良いでしょう。基本的にカーミングシグナルとは自分を落ち着かせたい時や相手が興奮している時など、相手を落ち着かせたい時などに使われます。また、敵意がないことを意味したい時などにも使われます。犬同士がストレスを抱えて生活しないためにもとても大切な行為なのです。

人間と一緒に生活している時にこのカーミングシグナルが見られるという事は、犬が何らかのストレスを感じ、カーミングシグナルで私たち人間へ何かメッセージを伝えようとしていることがわかります。カーミングシグナルを理解してあげることは犬のストレスを軽減し、ストレスの原因を除去するために大切ですので、犬のカーミングシグナルをぜひ日頃から見落とさないようにしてみてあげてください。

今回は、カーミングシグナルの1つといわれている舌なめずりも、ストレスがあるときに良く見あられるシグナルといわれています。食生活、散歩を含めた運動など、なにか犬にとって不十分だと感じられストレスになった時にそのストレスやイライラを隠そうとして、舌なめずりをすることがあります。精神的な負担はとても犬にとってストレスをためさせてしまいますので、このシグナルが見られたときは、よくよく注意して犬を観察してあげてください。

1-2.犬の舌なめずりは病気の原因なのか?

犬の舌なめずりはカーミングシグナルの1つだということはご理解いただけたと思います。しかしながら、もし、この舌なめずりが病気の原因だったら怖いと思いませんか?舌なめずりの行為はほとんどの場合は重篤な病気の原因であることはないのですが、中には口腔系の病気を抱えていることもあるようです。歯肉炎や虫歯矢歯槽膿漏などの原因があるときは、舌なめずりの回数が増えてくるといわれています。口腔内の病気は早期発見早期治療がとても大切ですので、舌なめずりの回数が多いなと思われたときは、口腔内チェックをすることをおすすめします。

1-3.まとめ

今回は愛犬が舌なめずりをしたらどんなサインなのかという事について書かせていただきましたがいかがだったでしょうか?犬のカーミングシグナルを理解してあげることは犬のストレスを早めに軽減してあげることができますし、不安な材料を取り除いてあげることにとても有効です。カーミングシグナルの1つといわれている舌なめずりの意味をご理解することで、ぜひ愛犬の気持ちを分かってあげてください。また、口腔内の病気の可能性も秘めているので、ご心配な場合はとにかく動物病院へすぐに連れて行き、獣医師さんに口腔内チェックをして頂くことをおすすめいたします。