カナガンお試し体験ガイド|評判のドッグフードを辛口評価

カナガンを試してみました!

 

ワンちゃん 画像
ワンちゃんの健康が第一

 

 

 

こんにちは、当サイトにお越しいただきありがとうございます。ここでは私が試したカナガンのドッグフードについてお伝えしています。実際にカナガンをお家のワンちゃんに試してみて、わかったことやカナガンの特徴などをまとめているので、これからカナガンを購入しようか迷われている方は、参考にしていただければ幸いです。

 

なお、先にお伝えしておくと、カナガンのドッグフード自体は結論、ものすごく良かったのですが、どうしてカナガンにドッグフードを変えたのか?という点が、参考になるかと思いますので、そういった背景を知っていただければ嬉しいです。カナガンのドッグフードはどのような特徴があるのか?どうしてカナガンに餌を切り替えたのか?これからお伝えしていきますので、参考になさってみてください。

 

尚、カナガンのことはすでに知っている、という方にカナガンのことをお伝えしてもいまさらかとおもいますので、そういった方は、「私がカナガンにごはんを切り替えた理由・キッカケ」「実際に使ってみた体験談(レビュー)」などをお読みいただければと思います。では、早速お伝えしていきますね!

 

 

【参考】わたしが試したカナガンはこちら

 



 

 

カナガンの特徴まとめ

 

「カナガン」という人口添加物を一切使用していないドッグフードをご存知でしょうか?

 

例えば、あなたが飼っているワンちゃんは
1日に数回分けてしっかり食事をしていますか?
盛り付けたペットフードを残さずしっかり食べていますか?

 

また、「健康面」ではどうでしょう?
毛艶や歯の健康は良い状態ですか?
胃腸が弱っていませんか?
体調が悪そうではありませんか?

 

私も当然気になっていたところで、そこでこれらの心配を食事面からサポートできるフードとして見つけたのが「カナガン」だったんですね。

 

カナガン 画像
これがカナガン

 

さて、そんなカナガンの特徴について続けてお伝えしていきますね。

 

カナガンのドッグフードの特徴や成分、人気の秘密って?

かわいい愛犬の健康のために「無添加のドッグフード」を試してみよう、と考える飼い主さんは多くいます、そういった思いの中でカナガンを試してみようかと検討される飼い主さんが出てくることが多いのですが、カナガンのどんなところが犬にとってよいのか?、という特徴やカナガンについての正しい知識を得て、納得してから試した方がワンちゃんにとっても飼い主さんにとってもベターです。

 

まずは、カナガンという製品がどんな特徴を持っているのかについて詳しくご紹介します。

 

 

カナガンの成分の特徴

カナガンはイギリス原産のドッグフードで、もともとの開発者はドッグ専門店のオーナーだったのだそうですが、その時代から、一般販売しているドッグフードの成分の中に“犬にとってよくないもの”が多いことに気がつき、それをなんとかしたいと思い、解消するために開発したのがカナンのドッグフードなんだそうです。そういった背景がある中で、色々な試行錯誤の末、カナガンという無添加のドッグフードが開発されて今に至るのですが、犬にとってよくないもの(成分)とは、「穀物」、。そして「合成添加物」です。

 

合成添加物が体によくないのは人間も犬も同じですが、ドッグフードの場合には、特に「日持ち」させる必要があるために多く含まれていることが多く、まずそれが排除されました。そして、今では有名になってきたグレインフリー(穀物不使用)ですが、穀物がいらないと考えられた理由が、犬にとって穀物を毎日摂取するということが、消化不良を起こしたり、たんぱく質不足の原因になったりすることが多いからです。市販のドッグフードのほとんどには穀物が炭水化物の代わりとして使用されているのですが、それをやめて、代わりにさつまいもで炭水化物を補う成分配合にしたのです。

 

そして、大切なたんぱく質ですが、骨なしチキンを全体の60%も使用することによって、非常に高たんぱく質な成分作りをしています。骨がないということは、純粋にチキンの肉のみになるということなので、良質なたんぱく質であるとも言えます。その他、犬のリラックス・ストレス軽減効果を狙ったマリーゴールドやカモミールなどの成分、そして海藻類など被毛へのケアにもなる成分も配合されています。

 

このようなことが、カナガンの成分の特徴といえます。

 

そして、人気の秘密といえば、ズバリ!「良質な成分配合」にあります。大衆的などこにでも売っているドッグフードと比べると、安全性の面でも評価が高いです。よく見るような、近くで販売している国産のドッグフード、成分や周りの評判を見るとすぐにわかるかと思いますが、ワンちゃんのカラダにとって良質でないもの大量に含まれているケースが多いです。食べれば食べるほど犬の健康を害してしまうような。。。ですが、カナガンには犬にとって余計なものが入っておらず、安全性も高く、たんぱく質が良質で吸収率も高い、といった特徴があるので、エサを与える側(飼い主)からしても、安心してワンちゃんにご飯を上げることができるのが嬉しいですね

 

 

カナガンと国産ドッグフードとの大きな違いは?

そんな、愛犬家からも支持をえているカナガンですが、国産のドッグフードと、一体なにがそんなに違うのか?
カナガンというドッグフードと、国産ドッグフードの成分から比較検討してみるとこのようなことがわかってきます。

 

まずは、国産ドッグフードの主な成分配合を一覧にして挙げてみます。

【国産ドッグフード】

  • 鶏肉、ささみ、チーズ、などいろいろな動物性たんぱく質の成分がある
  • 無添加でないことが多い
  • 穀物を使用している(とうもろこし、麦など)
  • 時には魚も含まれる
  • ビタミン類があまりない

 

国産ドッグフードは種類も非常に多彩ですが、大抵は何かの動物性たんぱく質を含み、炭水化物として穀物を使用しており、大量に買ってストックできるように無添加ではなく、また、食欲をそそるための工夫として時には合成添加物を使用しています。また、国産ドッグフードの場合には、カルシウムにこだわっている商品も多く、チーズが入っていたり、魚の成分を入れることでDHAへの配慮がなされているものもあります。犬種によっても色々な種類にわけて売っていることも、特徴ですね。

 

次に、カナガンドッグフードの主な成分配合の一覧です

【カナガンのドッグフード】

  • 骨なしチキンのみ60%配合の、高たんぱく質
  • 無添加
  • グレインフリー(穀物一切不使用)
  • さつまいも配合
  • 海藻類などビタミン類も配合

 

カナガンドッグフードの最大の特徴は、たんぱく質のすべてを骨なしチキンで配合していて、非常に高たんぱく質であるという点です。そして、グレインフリー(穀物不使用)にこだわっており、穀物の代わりにさつまいもを使用しています。その他には、あまり余分な成分が入っていない印象です。また、カナガンは全犬種において同じ商品である、という特徴もあります。

 

カナガンと国産ドッグフードの最大の違いは、余分なものがないこと

以上の成分比較から見えてくる事としては、国産ドッグフードの場合には、あまり必要のない成分(例えば合成添加物など)が入っていることが多いですが、カナガンには一切入っていません。また、たんぱく質を何から生成しているのかが、だいぶ違いますね。そして、最大の違いの特徴として、グレインフリーであるか、ないか、という部分です。穀物は犬にとってよくない、というのがカナガンのコンセプトであり、国産ドッグフードの多くはその点にはあまりこだわっていません。

 

このように、カナガンと国産ドッグフードでは、成分配合にかなり大きな違いがあります。グレインフリーについて、いいと思うか、関係ないと思うかは人それぞれですが、厳密に「犬のカラダの構造上」から考えると穀物を摂取させてしまうのはよろしくないことですので、ワンちゃんの健康を考えればグレインフリー(穀物不使用)であることには注意を払うべきでしょうね。だからこそ、大切に愛犬のことを考える飼い主さんから、カナガンは非常に人気が高いのだと思います。やっぱり、家族の一員である以上、健康的に過ごしてほしいものですからね!

 

 

カナガンが食いつきが違う

 

ごはん中 画像

 

カナガンに変えてみようかな?と思っている飼い主さんには、犬の健康によさそうだと思うから、という人だけでなく、“犬の普段の食事の食いつきが悪いから”という理由で食いつきのよさそうなカナガンに餌を切り替えようと考える人も多くいるそうです。では、カナガンに変えると食いつきがそんなによくなるのか?それはどうして?一体どんな理由で、食いつきがよくなるのか?という点に関してカナガンの特徴と共にお伝えしていきます。

 

【理由1】カナガンには、無駄なものが入っていない

犬の食の好みは実に様々ですが、この食の好みを作ってきたのは、実は他ならぬ飼い主さん自身です。なぜか?と言うと、犬は自分でドッグフードを選べないので国産の様々なドッグフードを飼い主さんが試してみますよね?色々な種類を試した結果、「ああ、うちの犬はこういう味が好きなんだな」と思うわけですが、そもそも生まれたときがらずっと同じフードしか与えておらず、そのフードが犬にとって本当によいフードであれば、犬は偏食になることもなく、ずっとそのドッグフードを食べ続けていれば満足なわけです。ですから、飼い主さんが今まで選んできたドッグフードの味は、犬の中にちゃんと記憶されています。こうして、色々なフードを試してきたことによって犬の偏食問題が出てくるわけなのです。これは、仕方のないことでもありますよね。ですがそれは、今からでも十分改善できるようです。そこで登場するのがカナガンですが、カナガンは偏食気味の犬の食いつきがとてもよくなることで知られています。その理由の第一には、犬にとって余計なものが入っておらず、よって、あまりフードの匂いにクセがない、ということがあります。

 

【理由2】カナガンの粒にも理由がある

カナガンを与えると食いつきがよくなるもうひとつの理由として“けっこう小粒である”ということがあります。実際、私も家のワンちゃんに与えた時にそう感じましたね。国産ドッグフードでも、粒の形はいろいろなタイプのものがありますし、粒の大きさや食べやすさでドッグフードを選んでいる飼い主さんも多いと思いますが、カナガンの粒は平均して小さめです。犬は食事をするとき、実はあまりよく噛んでいません。それは、生まれつきどんな犬でも餌は急いで食べてしまう、という特徴があることと、犬の歯並び的に、あまりすり潰して食べるようにできていないからですが、小粒のドッグフードは、犬にとってより食べやすいようです。小粒なのであまりかみ砕く必要がなく、また、カナガンはたんぱく質の吸収率が非常に高くなるように作られているので、普段からあまり噛まずにあっという間に食べてしまう犬でも、安心なんですね。

 

 

カナガンの食いつきのよさは、このように、においにクセがあまりない、そして粒の大きさが犬にとって食べやすい、といったことが理由になっています。今までのドッグフードでは、一体どれが犬にとって本当に食いつきがよいのかわからない、という飼い主さんは、一度カナガンを試してみるといいかもしれません。

 

世界中の愛犬家から支持される
イギリス産ドッグフード『カナガン』



 

 

さて、カナガンのドッグフードにはこのような特徴があるのですが、続けて、私が実際にカナガンを選んだ「キッカケ」についてお伝えしていきますね。

私がカナガンを試したキッカケ

 

毎日元気に吠えていつも可愛い顔を見せてくれるわんちゃんたち。ですが体に良いものを与えてあげないと、どんどん不健康になっていってしまいます。そんな中で私が選んだのが「カナガン」のドッグフード。ドッグフードに詳しい方ならご存知かと思いますが、身近で購入できるドッグフードは「成分」がよろしくないです。また、その結果、「わんちゃんが食べてくれない。」ということにもなりがちで、まさにウチがそうでした。だからこそ、餌の見直しが非常に大切になってくると思いだしたんです。また、そんな中でカナガンは「成分」と「食べてくれない」という問題をそれぞれ解消してくれるということだったので「非常に助かる」と思って選んだんですね。

 

犬が食べる 画像
むしゃむしゃ食べるようになりました^^
.

【キッカケ理由】「餌の見直し」の重要性に気が付いた

犬を飼うということは、人によっては人生の伴侶を得たようなものであり、それくらい大切な存在を家族として迎え入れるということです。ですから、愛犬の健康を考えたときに、少しでもいつもと違うと感じたりすると、わたしたち飼い主さん側としては本当に心配になります。犬の健康状態は、環境と食事でほぼ決まると言えますが、特に普段の食事であるドッグフードによって起こり得る心配な問題が多いです。例えば、なんだかあまり餌を食べなくなってきた、よく吐いてしまう、とにかく食いつきが悪い、などです。我が家のワンちゃんもまさにご飯を食べない・食いつきが悪いといった症状が出てきたので、どうしようかと思い悩んでいたんですね。そんな中で、食べてくれない、食いつきが悪いなどの問題を解決してくれるとっ身にしたのがが、「カナガン」だったわけです

 

餌を食べないことにはちゃんと理由がある

愛犬が餌を食べてくれない、食いつきが悪いことにはちゃんとした理由があります。犬は言葉を話せませんが、その代わりに、「食べない」という行為によって飼い主さんへ、メッセージを送っているのですね。わたしも、はじめはそのメッセージが読み取れずに苦労をしていたのですが、徐々に理解を出来るようになってきました。例えば、愛犬があまり餌を食べないことで送っているメッセージとは、こんなものがあります。

  • あまり美味しくないから食べたくない
  • これを食べると、なんだかお腹が痛くなったりするから食べたくない
  • いつも同じ餌ばかりで飽きた、飽きて食欲が沸かない

どれも心配な理由ですが、これらは、ドッグフード自体を変えることの重要性を示しています。つまり、今が切り替え時である、ということですね。

 

どうしてカナガンに切り替えたのか?

このように、愛犬が飼い主さんに発信しているメッセージを深く読み取ってみると、そもそも普段のドッグフードに問題があることがわかりますが、では、どうして餌の切り替えにカナガンを選んだかというと「美味しさ」と「体調不良(お腹が痛くなる、など)」を考えたからです。
美味しさについては、前評判を聞いていたので、ある程度ワンちゃん自身の好みはあるにせよ、大丈夫だと思ってました。なので一番は健康面なんです。今まであたえていたの国産ドッグフードは穀物をしようしているだけでなく、調べれば調べるほど、その内容、成分が怖くなってきて、どうしても「健康的な食事を与えたい」って思うようになってきたんですね。なので、グレインフリー(穀物不使用)は外せなかったんです。カナガンはグレインフリー(穀物不使用)であることにこだわっていて、穀物を一切使っていません。愛犬は、普段のドッグフードの中に入っている穀物量が多くて消化が悪いことで、嫌になっているのかも、と考えるとやりきれなくて。。。

 

また、カナガンの主成分としてのたんぱく質は、骨なしチキン60%で、非常に高たんぱく質な成分となっています。高たんぱく質であるということは、犬にとって、とても大切なことですので、犬の体を健康に保つためにはこちらも有効だと思って選んでみました。

 

 

.

カナガンの体験レビュー

ということで、早速カナガンを注文。

 

カナガン 画像

 

改めてカナガン愛用者の皆さんの口コミや評判をしらべると

  • たくさん食べてくれるので見ていて幸せな気持ちになります
  • カナガンは肥満に良いと聞いて購入!ちょっとずつダイエットの成果も・・・!
  • ひらべったくて小粒なところが小型犬にも魅力的
  • 便秘が治って便の形や色も良くなって、調子が良さそう
  • おやつから中々離れず肥満だと言われていたが、今ではおやつ不要に
  • カナガンに食事を変えてからというもの3日で便秘が治った
  • シニア犬のドッグフードとしても最適♪
  • 愛犬のことで問い合わせをすると親身に相談に乗ってくれる通販サイト

などなど、こういった口コミや評判がカナガンの特徴といえそうでした。
ですがやはり私が一番に興味を惹かれたのが

 

たくさん食べてくれるので見ていて幸せな気持ちになります

 

 

私の一番の悩みはわんちゃんがドッグフードを「食べない」ことでした。人間だって好き嫌いがあるわけですから、わんちゃんにだって好みがあってもおかしくないですよね?だからこれを見たことが「まずはお試ししてみよう!」と注文に至るまでの大きな影響でしたね。おかげさまで今では。。。

 

カナガン 食べる 画像

 

カナガン 食べる 画像

 

カナガン 食べる 画像

 

食べてくれるようになった!嬉しい(泣)

 

また食べてくれるだけでなく(これだけでもうれしいけど)「グレインフリー(穀物不使用)」ということも評価が高いポイントですね。

 

グレンフリー

 

グレインフリーとは犬が消化をしにくい穀物が入っていないという意味です。
上述したように犬のカラダの構造の問題で、ワンちゃんにとって穀物を摂取するのはNGです。ワンちゃんの体の構造が穀物を消化しないようにできているので、穀物の有無はワンちゃんの健康を考えると非常にデリケートに考えなくてはいけない問題なわけです。ほとんどの市販のドッグフードには、犬にとって不要または有害とみなされる材料が含まれているのは有名な話で、どうしても穀物が含まれているものが多く、ケア大変だったりします。結果、わんちゃんのカラダに負担をかけるようなドッグフードを与えてしまいかねません。

 

その点カナガンは穀物不要(グレインフリー)なのでその点を心配することは有りません。これは非常に助かります!もちろん他にもカナガンの特徴は沢山ありますが、個人的には肥満対策フードである点も助かってます^^

 

犬の健康促進+肥満対策フード

 

私としてはこれで十分満足です♪

 

愛犬の気持ち

 

わんちゃんの気持ちは長く共に生活していないとわかりませんし、長く生活しているからといってすべて気持ちをくみ取れるわけじゃありません。ですが

  • 「あまり食べない」
  • 「最近肥満だ」
  • 「便の調子が悪い」

などは、普段一緒に生活していればわかるはずです。愛犬の健康を考えるなら、そんな毎日の様子を見ながら良い食事を与えてあげるべきだと実感しています。。。

 

 

世界中の愛犬家から支持される
イギリス産ドッグフード『カナガン』



 

 

カナガンを食べさせてみて思うこと

 

愛犬 画像

 

最後にせっかくなので、カナガンに変える前と変えた後での私なりの反省点や感想を書いておきます。

 

私の反省点と食べさせてみた感想

 

以前は市販のペットフードを購入していました。安いは嬉しいのですが、正直見た目からして美味しくなさそうな、ニオイも微妙なものでした。。。要は値段を抑えるために作られた雑な感じのドッグフードだったんですね。そりゃ食べてくれないわけです。汗
その後、「食べてくれない」ということだけでなく、雑に作られたものを愛犬に食べさせることでの健康面での心配も出てきたのでカナガンへ変更。いきなりフードが変わって食べないか?とも若干思っていましたが、問題なくすべて完食してくれましたし、いまでも毎日ちゃんと食べています^^

 

また、カナガンに変えてからというもの「うんち」の様子が変わりました。色や形が毎日統一したといえば良いのか・・・健康的になりました。しかも食後のおやつが要らなくなり、経済的にも良かったのではないかと思っています。カナガンは健康に良いだけじゃなくて、少量で満腹になってくれるようで肥満対策としても非常に助かっています^^
また他にもカナガンは皮膚トラブルや歯、他にも、毛並みの良さに対しても良い影響を与えてくれたので“愛犬も喜ぶ&愛犬家たちも喜ぶ”そんなドッグフードだと思います!わんちゃんの健康に気を遣っている方はもちろん当初の私の一番の悩みであった「ドッグフードを食べてくれない」、といった悩みを抱えていらっしゃる方はぜひ試してみて欲しいですね^^

 

 

カナガンを試してみたい方はコチラ

 

うちの食べないわんちゃんが食べるようになった
「カナガン」のドッグフードはこれです。

 

→『カナガン』公式サイトはこちら

 



 

カナガン使用上の注意点はあるの?

さて、そんなカナガンですが、使っていく中でわかってきたカナガンの使用上の注意などもここでまとめておきたいと思います。

 

カナガンは、チキンアレルギーに注意が必要!?

犬の飼い主さんは犬のドッグフード選びに、いつも悩むことが多いと思います。ドッグフードの内容もそうですが、愛犬に本当に合っているのか?栄養バランスは大丈夫なのだろうか??など、愛犬の健康管理を考えたときにドッグフード選びはとても重要なことです。カナガンが犬にとって、とてもよいドッグフードであることは間違いないですが、そんな中で少し気になる点があります。それが、カナガンによる「チキンアレルギー」です。なぜ、チキンアレルギーになる恐れがあるのか?ならないための上手な与え方について、これからくわしく説明していきます。

 

カナガンのたんぱく質は、チキンのみで作られている

まず、カナガンという製品が、骨なしチキンによって動物性たんぱく質のすべてを生成していることに注目してみましょう。骨なしチキンのみにこだわるということは、とても良いことで、犬は動物性たんぱく質が絶対に必要な動物なので、チキンのみにこだわっていること、そして骨なしチキンであるということは良質なたんぱく質の吸収にとても良いことです。さらに、グレインフリーであることで、たんぱく質の吸収率を阻害することなく作られています。そして、チキンによるたんぱく質の含有量がなんと全体の成分の60%にも及ぶという、非常に高たんぱく質な成分配合です。これらのことは、犬の体にとっては非常にいいことなのですが、問題は、動物性たんぱく質をすべてチキンで作っていること、そしてその含有率の高さにあります。

 

チキンの摂りすぎにならないような与え方をする

チキンアレルギーというのは、他の食品と同じで、長期的に毎日大量に摂ることによって発生します。ですから、カナガンを毎日長期的に与え続けていると、犬によっては、チキンアレルギーになる危険性があることが指摘されています。確かに、人間でも毎日同じ成分を長期的に大量に摂り続けるとその成分へのアレルギーが出ることが多いです。では、実際にカナガンを与えるときに、こういった不安をなくすためにはどうすればよいのか?それにはいくつかの方法があります。

一度に大量に与えすぎない

ひとつ目は、カナガンは犬の食いつきがよいので、一度に大量に与えすぎないということです。カナガンは、そもそも高たんぱく質なので、必ず規定の量を守るように心がけましょう。

食事のコントロール

ふたつ目が、カナガンを与える回数をコントロールする方法です。いつもはカナガンを主体に与えて、時々他の無添加フードに切り替え、またカナガンに戻す、ということを繰り返すことで、毎日チキンを摂るというリスク自体を減らすことができます。

カナガンのチキンアレルギーは、確かに少し気になるものですが、それは長期的に毎日あげた場合のことで、どんな犬でもたまに同じフードに飽きてあまり食べなくなることもあります。カナガンに飽きることを防ぐための工夫をすることで、結果的にチキンアレルギーにはならずに済みますし、あまり心配せずに気楽に与えてみていいかな?と個人的には思っています。実際にカナガンをワンちゃんに与えていますが、この手のトラブルは起きたことが無いので、注意点だと思いますが、あくまでも注意点レベルで、深く考えすぎなくても大丈夫なものだと思っています。

 

 

カナガンは、どの犬種におすすめなのか?

今回は私はワンちゃんの健康を考えてカナガンに切り替えたわけですが、そもそもカナガンのドッグフードは「一体どの犬種に向いているのか」ということについても調べてみました。。そもそもカナガンはどんな犬種を対象にしているのか?おすすめの犬種は?などについて、まとめてみますね。

カナガンは特に犬種を限定していない

調べてみて改めてわかったのが、カナガンのドッグフードには指定の犬種、おすすめの犬種はないということです。つまり、すべての犬種向けであり、すべての犬におすすめですよ、という点です。ここで、カナガンの特徴をもう一度確認してみましょう。まずは、グレインフリー(穀物不使用)であること。そして、骨なしチキンのみ使用していること、高たんぱく質であるということ。そして、重要な点が、カナガンは、犬種や年齢に関わらず、すべての犬に対して同じひとつの製品のみ提供している、という点です。つまり、犬種別の種類もないし、犬の年齢別の種類もなく、どんな犬にもおすすめしている、ということなんですね。なので、変に気にしすぎ無いでも大丈夫です!

それでも敢えてカナガンがおすすめな犬種を挙げるとすれば?

このように、カナガンには、おすすめの特定の犬種が存在しません。ですので、自分の犬種に合わせて購入するということは難しいのですが、ひとつの指針として、カナガンが高たんぱく質である、という点から、おすすめの犬種はある程度絞り込むことができます。たんぱく質は犬にとって欠かせない成分ですが、特に高たんぱくを必要とする犬種は、まずは大型犬になります。大型犬は、そもそもカロリーを多く必要としますし、普段の運動量的にも体の大きさ的にも、特に高たんぱく質を多く必用とする犬種が多いです。ですから、大型犬には特におすすめだと考えられます。そして、中型犬〜小型犬では、たんぱく質を多く必用とする犬種のタイプは、活発なタイプになります。特に小型犬は、常に動き回っているタイプが多くてとても活発です。ですから、やはり高たんぱく質であることはおすすめです。そして、もともとアレルギーを持つ犬種にもおすすめです。食物アレルギーのある犬は、特定のドッグフードしか食べられず、例えば魚類やチーズにアレルギーのある犬は、飼い主さんも普段の食事に苦労しますが、カナガンなら無添加で、たんぱく質はチキンでのみ補っているので安心して与えてあげることができるでしょう。また、犬種に関係なく、病気後の回復期のたんぱく質の補給にもおすすめです。

 

 

このように、そもそもカナガンにはおすすめの犬種というものはありません。また、年齢別にタイプが分かれていることもありません。ですから、カナガンはそれほど製品に自信を持っているとも言えます。これからカナガンを購入しようかと考えている飼い主さんは、自分の犬種に合うかどうかを見極めたいときには、日ごろの様子をよく観察し、活発であったり、疲れやすい感じであったり、年齢的に体力が落ちてきたようであったり、アレルギーで苦労していたり、といったことを基準に、購入の検討をしてみることをおすすめします。

 

世界中の愛犬家から支持される
イギリス産ドッグフード『カナガン』



 

 

 

 

 

まとめ:こんな人には使ってほしい

最後に、カナガンを使ってみて思った「こんな人にカナガンを使って欲しい」というものもまとめてみました。
良かったら参考にしてみてください!

 

こんな人に使ってほしい!その理由とは?

カナガンは愛犬家の人たちの間でどんどん人気が高まっている商品です。カナガンを購入することに決めた人たちの理由は様々ですが、そんな、愛犬家の人たちの理由の中でも、特に、こんなお悩みを持つ飼い主さんにぜひ使って欲しい、といういくつかの大事な理由があるので、これから、どんなお悩みについて特に使って欲しいのか、例を挙げながら具体的に説明していきます。

 

カナガンを使って欲しいいくつかの理由

さっそく、どんな人に使ってほしいのかを説明していくと、このようなものがあります。

  • 犬の食欲が落ちてきたような気がする人
  • 犬が偏食で困っている人
  • 国産のドッグフードを食べるとよくお腹の調子を壊す犬がいる人

 

犬の食欲が落ちてきたような気がする人

それぞれについて説明していきますが、まずは、犬の食欲が落ちてきたような気がする人、です。このタイプの犬の特徴は、季節によって食欲に変動がある場合が多いです。もともと食が細いタイプとは違って、何か原因があって、だんだんと食欲が落ちていきます。でも、動物病院に行っても特に異常がない・・・、と、困ってしまいますよね。

犬が偏食で困っている人

次に、犬が偏食で困っている人、です。これはその犬の好みの問題があるので、一度偏食気味になってしまった犬はなかなか改善されません。なぜなら、本来犬はごはんが大好きなので、あげれば、多少好みでなくても結局は食べるのですが、全部食べない、また、時には全然食べない、どんなフードでも同じことが起こるとなると、問題は大きいです。

国産のドッグフードを食べるとよくお腹を壊す犬

最後に、国産のドッグフードを食べるとよくお腹を壊す犬ですが、これは、もしかしたら国産フードの消化が悪いことが主な原因かもしれません。胃腸がナイーブな犬の場合、よく起こる症状です。

こういった犬の飼い主さんたちに使ってほしいのがカナガンで、カナガンはまず、犬の食いつきがよくなるように、においにクセがなく、形も小粒で食べやすくなっています。最初は食べ渋るかもしれませんが、食べだすと非常に食いつきがよくなると評判なので、食欲が落ちてきた犬や、偏食気味の犬の飼い主さんにはぜひ使って欲しいドッグフードです。そして、カナガンは、犬の消化・吸収を阻害すると言われる穀物を一切使っていません(グレインフリー)。そして、代わりにさつまいもを使うことによって、炭水化物の補給と、たんぱく質の消化・吸収を助けています。ですから、よく国産のドッグフードでお腹を壊しやすい犬の飼い主さんにも、ぜひ使って欲しいフードなのです。

 

こういったお悩みの他にも、犬の体力が気になる人や、もちろん犬の真剣に考えている人にも使って欲しい、様々なお悩みの解決につながる良質なドッグフード、それがカナガンです。上記のような人はとくに使って欲しいので、ぜひ検討してみてください。

 

 

世界中の愛犬家から支持される
イギリス産ドッグフード『カナガン』



 

 

 

こちらもおすすめ!

肥満対策 画像

 

体験談 画像